This auction has ended.

【夢工房】二代 田辺 竹雲斎 煤竹 提梁 烏府 共箱 ( 煎茶 炭取 炭斗 籠 )   2B-153

Auction Antiques Handicrafts Woodwork

Item Explanation

[ Translate ]
 手までサイズ18.5×19×15㎝
作品説明【二代田辺竹雲斎(1910年~2000年)初代田辺竹雲斎の長男。
幼少時代から父について竹芸を学び五才の頃
初代竹雲斎三越個展が開催され従兄弟の
光雲斎と即興製作で亀甲編みを実演し周囲の人を驚かせました。
坂口宗雲斎、上田尚雲斎と初代竹雲斎に竹芸を学ぶ。
十五才の時に父に小竹雲斎の号を受け、
二代目を襲名してからは、それまで中国の影響が強かった
日本の竹工芸から「透かし編み」という独自の技法を生み出し、
その技法を確立させました。
亀甲編、鱗編みを得意とし晩年は竹雲斎を長男に譲り一竹斎と号し
太い竹を荒く編んだ「荒編み」を得意とした。】

共箱、在銘、真物保証。
状態説明良い状態です。




 手までサイズ18.5×19×15㎝
作品説明【二代田辺竹雲斎(1910年~2000年)初代田辺竹雲斎の長男。
幼少時代から父について竹芸を学び五才の頃
初代竹雲斎三越個展が開催され従兄弟の
光雲斎と即興製作で亀甲編みを実演し周囲の人を驚かせました。
坂口宗雲斎、上田尚雲斎と初代竹雲斎に竹芸を学ぶ。
十五才の時に父に小竹雲斎の号を受け、
二代目を襲名してからは、それまで中国の影響が強かった
日本の竹工芸から「透かし編み」という独自の技法を生み出し、
その技法を確立させました。
亀甲編、鱗編みを得意とし晩年は竹雲斎を長男に譲り一竹斎と号し
太い竹を荒く編んだ「荒編み」を得意とした。】

共箱、在銘、真物保証。
状態説明良い状態です。








目に見える範囲のキズは明記いたしますが、すべての出品物は骨董品、中古品ですので、説明しきれない時代物としてのスレや、変色、使用へこみ、高台の使用あたり、小キズ等の欠点はあります。

そういった経年の欠点を気になさる方、神経質な方は最初から入札なさらない方が良いと思います。

そういう時代感等を欠点も含めて愛して頂ける方の入札をお待ちしています。

これらの理由によるご返品・キャンセルはお断りいたします。必ずご了承の上入札お願いします。

オークション終了後、オーダーフォームでのお取引をお願いします。

営業時間外(5時以降・休日など)はご連絡できませんのであらかじめご了承ください。

お取引方法などについては、ヤフーから送られる落札メール内にありますのでご覧ください。

複数落札頂いた場合にまとめての発送をご希望される場合はお知らせください。
折り返し送料をご連絡させていただきます。

落札頂いた後、落札者様よりのご連絡がなく5営業日が過ぎ、ご入金もない場合は当方にてキャンセルさせて頂き、悪質な落札者として、Yahooへの連絡をさせていただきます。
かつ、その落札者様の当方へのご入札を今後一切お断り致しますのでご了承ください。

ホームページをご覧下さい


Popularity Ranking for this Category