This auction has ended.

伝説の陶芸家 國吉清尚 焼締 珊瑚窯変 珊瑚紋 小湯呑 ぐい呑 泡盛・焼酎杯 (検索用 国吉清尚 小山冨士夫 鯉江良二 中川自然坊 酒器 酒杯)

Item Explanation

[ Translate ]
國吉清尚さんの小湯呑・ぐい呑です。この作品はとにかく口縁の自然釉が肝です。僕が一番最初に出会った清尚作品は向付で、この作品と同じ、激しくて優しい自然釉がキラキラと目に飛び込んできました。当時、備前や伊賀の、まるで「皆さん、こんな窯変が好みなんでしょ? わかってますよ」と言わんばかりの押しつけがましい景色に嫌気が差していた僕は、この自然釉を見て衝撃を受けたのです。薪の灰や溶けた珊瑚がミックスされ、海と大地がここに凝縮されているように感じました。「the OKINAWA」にして、「the Earth」。清尚作品はたくさん見ていますが、この手の自然釉は晩年のわずかな焼成でしか取れていないと思います。ところどころ見られる白い粒は、中川伊作さんが「これこそ琉球南蛮」と言った、火炎で飛んで食い付いた珊瑚の欠片ですね。胴の正面には小さな珊瑚がいくつか押されています。画像6〜8枚目、土肌には清尚さんが撫でた指紋がいくつも見られます涙。サイズ的には小湯呑で、適量が約120ccなので、お茶を飲むのも良し、純米系の日本酒を半合ほど入れて飲むのも良しですが、小さめの氷を2〜3個入れて泡盛や焼酎・ウイスキーをロックや水割りで飲むのがオススメです。本当に美味しく飲めますよ。底には晩年に使用していた丸い「ク」のサインがあります。後疵は一切ありません。無地の桐箱が付属します。箱書きはありませんのでご承知おき下さい。もちろん真作であることを保証します。以下余談です。先週、那覇で清尚さんの身内の方が非売で清尚作品をいくつも展示していました。僕は成り行き含めて合計3日間覗いたのですが、見に来ていた人は、昔ながらの「昭和の陶芸好きおじさん」(←僕みたいなタイプ) じゃなく、クリエイター、しかも若い人が多かったですね。なんか潮目が変わったように感じました。そして、清尚さん関連でいろいろイベントが続きそうな雰囲気もありました。僕の方は還暦も近くなる中で、就職が決まるのが先か、手元の作品が尽きるのが先かみたいな悲惨な状況になっていますが、清尚作品が好きな若い方々はこれからどんどん盛り上げていって下さい。陰から楽しみにしています。

胴径 : 最大 7.2cm
口径 : 最大 6.9cm (外)
高さ : 最大 8.0cm

かなりの時間とお金を掛けて國吉清尚さんの作品をコレクションしていましたが、諸事情 (涙) のため1円スタートで売り切ります。ぜひとも引き継いでいただき、ご愛用をお願いします。最後の画像はオマケです。剛柔流空手7段にしてモヒカン刈り。ここまで強くてかっこいい陶芸家さん、滅多にいません。出品説明文の最後に、清尚作品が「なんでも鑑定団」に出た時 (2017年8月) のナレーションを載せておきますので、ぜひご一読下さい。

*****

國吉 清尚 (くによし せいしょう・Seisho KUNIYOSHI) 略歴

1943年 沖縄県那覇市首里で生誕
1963年 小橋川永昌さん (仁王窯) の下で修行
1966年 濱田庄司さんとの縁で栃木県益子にて修行
1968年 沖縄県読谷村で開窯
1999年 焼身し死去 (満55歳)

*****

穴窯・薪焼成での焼締陶器には、窯疵 (ヒッツキ・切れ・石ハゼ・剥がし痕など) や歪みなどがいくらか見られ、それらは無疵として扱われることがほとんどです。國吉清尚さんの場合、他の多くの作家さんよりも高温で長時間激しく焼成するため、更にそれらが顕著に見られる傾向があります。ただ、いずれにしても不良・不具合ではなく作風・魅力として捉えられていますので、これまで一度も作品を手にしたことのない方はその点を充分にご理解の上でご入札をお願いします。現物を見れないネットオークションゆえ、こちらもなるべく整った作品を選んで出品し、また、ひどい漏れや底のガタ付きなど実使用に耐えられないようなものは説明文に明記します。

*****

・記載の寸法はアバウトです。
・作品はスマホのカメラで撮影しており、近接写真は少し歪んで見える場合がありますのでご承知おき下さい。
・出品作品はすべて真作と判断していますので真贋に関するご質問はお控え下さい。万一間違いがありましたら落札代金と送料はお返しします。
・経年品のため画像で見えないようなスレや小キズはご容赦下さい。
・作家さんの手を離れた後にできたであろう疵や修理は記載しますがそれ以外の窯疵などは画像にてご確認下さい。また神経質な方は入札をお控え下さい。
・作品の状態に関すること以外のご質問には回答を控えさせていただく場合があります。(即決依頼・直接取引依頼・入手先・入手時期など)
・出品期間中の破損などにより、やむなく出品を取り消しする場合があります。
・オークション終了後のご連絡は落札者様の方から落札後24時間以内に取引ナビでお願いします。(いたずら落札ではないことの確認と、梱包資材などの準備のため)
・お支払いは「かんたん決済」の期日内にお願いします。
・複数落札での「まとめて取引」(同梱・一括支払い) には対応できますが、決められた手順がありますので初回のご連絡前に「ヘルプ」でご確認下さい。
・匿名取引を利用していますので領収証の発行はできません。
・商品到着後問題がなければ速やかに「受け取り連絡」をお願いします。(受け取り連絡をしていただかないと入金されないシステムのため)

*****

<2017年8月8日放送 開運!なんでも鑑定団 國吉清尚紹介のナレーション>

パックリと口を開けすべてを飲み込んでしまうかのような華器、海上がりの如く肌がザラついた小壺、茶筅の穂先がバラバラになってしまいそうな茶碗、いずれも無骨で何の飾り気もないが、力に溢れ、見る者を惹きつけてやまない。

作者は國吉清尚 (くによしせいしょう)、生涯沖縄の土と格闘し続けた陶芸家である。

1943年 (9月28日)、沖縄県那覇市 (生家は首里城南殿!) の生まれ。高校生の頃から陶芸に興味を抱き、二十歳の時、壺屋焼の名工・小橋川永昌 (仁王窯) に弟子入り。すると一気に才能が開花し、二年後の沖展に出品した陶枕は奨励賞を受賞した。同年上京し、日本大学 (空手の推薦) に進学したが学校にはまったく通わず、栃木県益子町で修行。二年後故郷に帰る際は、濱田庄司がその才能を惜しみ引き留めたほどであった。沖縄では読谷村に窯を構え、試行錯誤の日々を続けた。

國吉の名を最初に世に知らしめたのは、井伏鱒二の小説「珍品堂主人」のモデルにもなった古美術研究家・秦秀雄である。秦は、鹿児島の料理店 (さつま路) で偶然目にした國吉の何のてらいもない丸紋土瓶に惚れ込み、1975年発行の雑誌「銀花」でこれを激賞。その結果、國吉は沖縄陶芸界の新鋭として大きな脚光を浴びたのであった。

しかしもとより國吉には売れることを目指す気は毛頭なかったため、すぐさま土瓶づくりはやめてしまい、その後は自らの思いを沖縄の土に練り込み炎に託して放出するかの如く、様々なオブジェに力を注ぐようになった。当然、その作陶は既成概念にとらわれず奔放で、例えば陶芸では通常数種類の土を混ぜて陶土とするが、國吉は土味を殺すからとこれをやめ、この土味を最大限に活かす焼締だけでなく、ガジュマルや琉球松の灰などでつくった釉薬を用いたり、海水の微量成分の釉薬効果を狙い珊瑚を作品の傍や中に置いたりもした。

一方、最も嫌ったのは狎れ (なれ) や媚 (こび) で、國吉の作陶は常に素手で白刃に立ち向かうかの如き緊張感に満ちている。そのため、一見無手勝流のようだが隙や遊びはなく、そのすべてに動と静、緩と急が呼吸の如く息づいている。

しかし、その感受性はガラスの如く繊細だったのであろう。私生活は壮絶で、良き家庭人でありたいとの思いと、なまぬるい幸福を唾棄したいとの思いが交錯し、三度の結婚・離婚を繰り返す内、酒と睡眠薬に溺れ、1999年4月11日、丸く囲ったレンガの中に身を置き、灯油をかけて火を放った。覚悟の自殺か、はたまた自らの身体を陶器と見立てたのか。もちろんすぐさま病院に運ばれ、延命のため両脚が切断されたが、一ヶ月後 (5月10日) 帰らぬ人となった。享年56。(享年57歳・満55歳の誤り)

<中島誠之助さんの総評抜粋>

見る者を吸いつけてやまない魔力がありますね。躍動する血潮を感じる。沖縄の海と土と、薪となった木、そして火、沖縄一色が産んだものですね。

Popularity Ranking for this Category