This auction has ended.

希少 MSX2 本体 ミュージックコンピューター YAMAHA CX-7M/128

Auction Computers Computers MSX

Item Explanation

[ Translate ]
きました。

問題児。



(2018年 1月 11日 18時 36分 追加)
希少種、MSX2の異端児、YAMAHAの CX-7Mの本体です。
ほんとは、MIDIユニットとか、FM音源ユニットとかシーケンサソフトとかいろいろあったんですけど
好事家の知り合いが強奪して行ってしまいました。
 
  「おまえが売るつもりなのなら、おれが保管してやる!」とかいって。

まあ、ほかにも一緒にATARI1024STとか、MEGA2も持って行ってくれたので、コレクター道の分る人間に渡ったので
これについては、よしとしておきましょう。

一つ問題がおきました。

動作は何も問題はありませんでした。
ひととおり、エアブローして掃除するまではw

綺麗になった直後、惨事は起きました。
まあ、それほどたいした事でもありませんがw

カセットなどでソフト起動した場合、IFが制御されるので問題ありませんが、ベーシックなどを起動した場合、カーソルが走ります。
掃除する前にはなって居なかったのに。

分解して、掃除すると、たぶん、爪楊枝とかみたいな小さなゴミが、スペースキーの間に挟まっているか、カーソルキーの右のボタンの
接触部分に引っかかっているのでしょう。

まあ、気が向いたら、きちんと掃除することにします。
いちおう、こんなものです。

気が向けば
テラドライブとか、X68000XVI魔改造を出品するかもしれません。
いずれにしても、好き者意外はあまり、興味を示さないものでしょうから、こんな程度で。

こんなものでよければ、大事にしてやってください。


(2018年 1月 13日 17時 38分 追加)
当方のオークションにご注目いただきまして、ありがとうございます。

このオークションの統計情報アクセス数231ウォッチリストに追加された数19


たくさんの方のご注目、ありがとうございました。
オークション終了まで後わずかですが、最後までよろしくお願いいたします。


他の方の出品物で、まさにそのFMアレンジャーとか、FMシンセサイザーとか出品されている方も居ますし
そのひとつ下の機種を出品されている方も出てきたりして、ちょっとした賑わいを見せているのが
うれしいやら、なんとなく、さみしいのやら。

新しい方のところにいっても、元気で稼動してもらいたいものです。

あの当時、でも、今でも頭一つ出ていたのは、マッキントシュのスタジオ3と、ATARIのノーテーターでしたねぇ。
とくにアタリのノーテーターは、MIDIのデータとして、楽譜どおりにデータを作成しても、
アレンジメント機能ってのがありまして、これがね、たとえばJAZZとかの微妙なタメを演奏ごとに微妙に
違うアレンジを勝手に生成して再生してくれる機能があるのです。

これで、じつにコンピュータっぽいかっちりとしたデータで作ってあったデータでも
人間が演奏しているかのようなナマっぽい演奏になったものでした。
もちろん、音源は選びますけどねw
ピアノなんかのデータだと、カーツェイルとか、カワイの音源なんかをスプリットで使ったり、まあ、ソニーのD7とかR7の
DSPを通した後で、多少ホールリバーブを掛けたりしてですね、準備するとですね
味気ない正確なリチャードクレイダーマンの演奏するようなのっぺりとした月光の曲データがですね
そこにホロヴィッツが!みたいなデータになったんです。

当時、ニフティー茶道部(笑)とかのMIDIフォーラムで活躍していた人の中にも、じつはこれのアレンジメントのお世話に
なっていた方もいたりして。

まあ、そんなことはいまとなっては藪の中ですがw
しらないほうがいいことも世の中にはありますしねぇ、どっとはらい。

Popularity Ranking for this Category