"Buyee" Japanese Proxy Service | Buy from Japan!
Buyee

A Yahoo! JAPAN Auction Partner

山内容堂 徳川を大政奉還に導く 東海外史 四行漢詩 肉筆 本物保証 無いもの 希少

Item Explanation

[ Translate ]
掛け軸長さ216cm横幅64.5cm 紙本 肉筆本物保証 本物高級軸先 桐の箱あります 和紙の巻き折れあります
画像をご覧ください

隠居後から大政奉還[編集]
前藩主の弟・豊範に藩主の座を譲り、隠居の身となった当初、忍堂と号したが、水戸藩の藤田東湖の薦めで容堂と改めた。容堂は、思想が四賢侯に共通する公武合体派であり、単純ではなかった。藩内の勤皇志士を弾圧する一方、朝廷にも奉仕し、また幕府にも良かれという行動を取った。このため幕末の政局に混乱をもたらし、世間では「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄され、のち政敵となる西郷隆盛から「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」とまで言わしめる結果となった

Popularity Ranking for this Category