"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

二十五史 中国歴代王朝正史 全巻

商品説明

[ 翻譯 ]
二十五史 中国歴代王朝正史 全巻
上海古籍出版社/上海書店 刊行 1986
二十四史+清史稿
漢文の原書です。
これは出品者が30年ほど前に上海の書店で購入したものです。
調べたのですが、日本では『史記』から『清史稿』まで全巻揃った出品というのはほとんどないようです。部分的に何冊かの出品があり、それにかなりいい値段がついていました。中国史研究者、中国の歴史書、歴史小説の執筆者の必需品です。
1930年代の中華民国時代に出版されたものの改訂版ではないかと思われます。
 
【二十四史】
・司馬遷『史記』 ・班固『漢書』 ・范曄『後漢書』 ・陳寿『三国志』
・房玄齢等『晋書』 ・沈約『宋書』 ・蕭子顕『南斉書』 ・姚思廉『梁書』
・姚思廉『陳書』 ・魏収『魏書』 ・李百薬『北斉書』 ・令狐徳等『周書』
・魏徴・長孫無忌等『隋書』 ・李延寿『南史』 ・李延寿『北史』
・劉等『旧唐書』 ・欧陽脩・宋祁『新唐書』 ・薛居正等『旧五代史』
・欧陽脩『新五代史』 ・脱脱等『宋史』 ・脱脱等『遼史』 ・脱脱等『金史』
・宋濂等『元史』 ・張廷玉等『明史』 ◆二十五史・趙爾巽等『清史稿』
 
二十四史(にじゅうしし)は、清代に標準として制定された『史記』から『明史』までの24部の正史をいいます。司馬遷『史記』によって紀伝体の史書という形式が生まれ、続編として班固『漢書』が書かれることによって断代史という概念が生まれました。南北朝時代にはこれに『東観漢記』を加えたものを三史と呼ぶようになりました。唐代にはそれまでの各王朝の正史が補われ、三史より後の三国から隋にいたる史書をあわせて十史と呼びます。その後も新しい王朝が成立するたびに国家事業として前王朝の歴史書を編纂するようになります。
清の乾隆4年(1739年)、明代の標準であった二十一史に『明史』、『旧唐書』、および『永楽大典』から集逸した『旧五代史』を加えて欽定二十四史とした。二十四史は乾隆4年から乾隆49年(1784年)までかけて武英殿で刊行されました。
1930年代に上海商務印書館は善本を集めて影印した百衲本二十四史を出版します。
中華人民共和国では1959年から1965年までかけて前四史(史記・漢書・後漢書・三国志)の校点本が中華書局から出版されました。その後文化大革命のために二十四史の出版事業はいったん停止しますが、1977年までかけて二十四史と『清史稿』校点本の出版が完了しました。
中華民国期に至って、元史を改めた『新元史』が編纂され、政府によって正史に加えられて二十五史となりました。しかし、『新元史』のかわりに、同じく民国期の編纂による『清史稿』を数えて「二十五史」とするようになったのです。
 

此類別中的熱門商品