You cannot bid on this auction because it contains a prohibited item.

山岡鉄舟所持刀『荘司美濃介藤直胤(花押)(刻印)都 嘉永元年』鉄舟漢詩入鞘・義胤の欄間透彫 刀苑社最上作・得能一男鑑定書 佐藤寒山鞘書

Item Explanation

[ Translate ]
xvpbvx

 

 

 

 

 

 

 


山岡鉄舟所持刀『荘司美濃介藤直胤(花押)(刻印)都 嘉永元年』鉄舟漢詩入鞘・義胤の欄間透彫 刀苑社最上作・得能一男鑑定書 佐藤寒山鞘書

商品詳細
直胤は山形の出身で荘司美濃兵衛と称して大慶と号しました。文政四年に筑前大掾、嘉永元年に上洛して美濃介に転じています。彼は若い頃に江戸へ出て水心子正秀の門に入り、後には師と同様に秋元家に仕えています。

水心子一門を代表する名工として師の提唱した復古論や備前伝を発展させた刀工として知られ、新々刀最上作で備前伝の筆頭に挙げられています。晩年には長旅に出て、各地の旅先で打った作品が残されています。

本作は鎬造、庵棟、身幅は非常に広く、重ね厚く、反りは浅めにつき、切先は中切先が延びごころで豪壮な体配になっています。

地鉄は板目肌がよく鍛えられて、所々渦巻き状の肌が交じり、地沸が微塵に厚くつき、地景が入って、極めて美しく優れた鍛えを呈しています。

刃文は丁子に互の目が交じり、匂深く、足が入って、小沸がよくつき、金筋や砂流しが盛んに入って、明るく冴えた刃文を見事に焼き上げています。帽子は乱れ込んで先が掃きかけて返っています。

茎には都の刻印があり、美濃介に転じた際に向かった京都で打った作である事が分かります。欄間透彫は彼の門人で刀身彫刻の名手と謳われた義胤によるものです。美しい刃文と相まって見事な出来栄えです。

幕末から明治にかけて活躍した山岡鉄舟の所持刀で、鞘には鉄舟の得意とした漢詩が書かれています。「若非以水清底無 争得如氷凛拂人」と七言律詩で、清らかで優れた人物でなければ正しい政治は行えないという意味で、武人であり教養人と知られた鉄舟らしい漢詩です。

裏には佐藤寒山先生の鞘書があり、作風や伝来について書かれています。鑑定家村上孝介先生主宰の刀苑社の最上作認定書と、同じく鑑定家として知られた得能一男先生の鑑定書が付属しています。幕臣から新政府に出仕、明治天皇の信任も厚かった偉人「山岡鉄舟」の愛刀に相応しい名刀であると思います。


長さ70.4㎝ 反り0.8㎝ 元幅3.4㎝ 元重0.72㎝ 先幅2.43㎝ 先重0.6㎝ 重量780g (数値の誤差は何卒ご容赦下さい。)

注意事項
新規の方は御氏名・御住所・お電話番号をオークション開催中に質問欄よりお知らせ下さい。質問欄への連絡がない場合は入札を取り消しさせて頂きます。

落札後は速やかに取引出来る方のみご入札下さい。所有者変更はお手元に届いてから20日以内にお願い致します。

尚、専門の業者ではございませんので、返品には独自の条件を設定しております。

御刀の状態、御刀に付属する資料等は掲載画像をご覧頂き、その画像にてご判断下さい。

落札者様側のご都合による返品はお断りさせて頂いております。オークションはご本人様の意思に基づく参加入札で成り立っております。更に入札時にも入札確認画面が表示されております。その為、一方的な勧誘・契約ではございませんので、クーリングオフの対象外となります。

返品は登録証に不備があった場合のみとさせて頂きます。但し、お取引終了からお時間が経過しておりますと、対応が出来かねる事があります。所有者変更等に問題が発生した場合は、速やかにご連絡下さい。

発送は「ゆうパック 140サイズ着払い」を予定しています。

※オークション画面・最下部に送料0円と記載しておりますが、ヤフーの入力システム上、止む無くその様な記載になっております。ゆうパック着払いにて発送させて頂きます。

(2019年10月1日の改定後の料金です)
ゆうパック着払い料金
( 大阪 から発送 / 140サイズ / 持込 )
1,660 円 大阪
1,710 円 富山 石川 福井 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
1,830 円 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 新潟 長野 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
1,940 円 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
2,380 円 北海道
2,320 円 沖縄

+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
No.204.007.007

Popularity Ranking for this Category