"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

新品 ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』上下巻セット プイグ エルロイ ボルヘス ランボー チャンドラー デスノス ブルトン サド

商品説明

[ 翻譯 ]
☆レターパックプラス520円☆


ごらんいただきありがとうございます。

新しくアカウントを作り直しました。
以前に500件以上の取り引きの実績があり、良い評価をいただいております。

丁寧な対応を心掛けますのでよろしくお願いします。


☆落札後、スムースなお取り引きが出来ない方の入札はご遠慮ください。スムースな対応が可能な方のみの入札をお願いいたします。

#新規の方、悪い評価が10以上ある方の入札はご遠慮ください。


☆改定によりお支払いはかんたん決済のみの取り扱いになりました。

お支払い後、商品が届き、商品の「受け取り連絡」をした後、こちらへ入金されるようになりました。
ですので必ず「受け取り連絡」をしてください。







新品


ロベルト・ボラーニョ


『野生の探偵たち〈上〉 (エクス・リブリス)』
『野生の探偵たち〈下〉 (エクス・リブリス)』


上巻、税抜き3000円
下巻、税抜き2800円

合計5800円


白水社



○.

《旅する詩人たちが描く文学の地図》

没後ますます国際的評価の高まるチリの鬼才による、半自伝的傑作小説。 1975年の大晦日、前衛詩グループを率いる若い詩人アルトゥーロ・ベラーノと盟友ウリセス・リマは1920年代に実在したとされる謎の女流詩人セサレア・ティナヘーロの足跡を辿ってメキシコ北部の砂漠地帯に旅立つ。だが、ある事件をきっかけに二人は世界各地を放浪することに。そのおよそ20年間の旅の行方が、詩人志望の少年の日記(第1部・第3部)と、二人を知る人々へのインタビュー(第2部)によってモザイクのように浮かび上がる。
二人の主人公の言動は、実在・架空のさまざまな証言者から断片的かつ間接的に伝えられるのみ。短編集『通話』でおなじみの人物も登場し、読者は姿の見えないインタビュアーとともに彼らの声に耳を傾け、二人の足取りを探る「探偵」さながらの行為を追体験する。
ラテンアメリカのみならず世界のさまざまな文学への偏愛と、自身も詩人として出発したボラーニョによる同世代の詩人たちへのオマージュが、本書の随所で捧げられている。独特の斜に構えた世界観と、全編を貫く強烈な皮肉とユーモアに、作家の真骨頂がある。

1975年の大晦日、二人の若い詩人アルトゥーロ・ベラーノとウリセス・リマは、1920年代に実在したとされる謎の女流詩人セサレア・ティナヘーロの足跡をたどって、メキシコ北部の砂漠に旅立つ。出発までのいきさつを物語るのは、二人が率いる前衛詩人グループに加わったある少年の日記。そしてその旅の行方を知る手がかりとなるのは、総勢五十三名に及ぶさまざまな人物へのインタビューである。彼らは一体どこへ向かい、何を目にすることになったのか。


●.
ロベルト・ボラーニョ
1953年、チリのサンティアゴに生まれる。1968年、一家でメキシコに移住。その後、エルサルバドル、フランス、スペインなどを放浪して青年時代を過ごす。詩人として出発し、1984年に小説家としてデビュー。1998年、最初の長編小説である『野生の探偵たち』でエラルデ賞を受賞、さらに1999年にはロムロ・ガジェゴス賞を満場一致で受賞。その後も精力的に作品を発表するが、2003年、50歳の若さでこの世を去る

●.
柳原孝敦
1963年鹿児島県名瀬市(現・奄美市)生まれ。東京外国語大学大学院博士後期課程満期退学。博士(文学)。東京外国語大学大学院准教授

松本健二
1968年大阪府生まれ。大阪外国語大学大学院外国語学研究科修了(修士)。大阪大学世界言語研究センター講師。






よろしくお願いします。





此類別中的熱門商品