This auction has ended.

イニスフリー Blu-ray ホセ・ルイス・ゲリン

Auction Movies Blu-ray Discs Movies Foreign Films

Item Explanation

[ Translate ]
ジョン・フォードの名作『静かなる男』のロケ地で歴史的記憶をたどる幻想的な記録映画

『シルビアのいる街で』(2007)の監督ホセ・ルイス・ゲリンの名を国際的に知らしめた実験的記録映画『イニスフリー』は、『静かなる男』(1952)の舞台となるアイルランドの架空の村イニスフリー(ゲール語ではイニシュフリー)のロケ地コング村とその周辺で撮影された。現地でのフォード映画の記録をたどりながら、1988年に5週間かけて撮影され、翌年10日間の追加撮影が行なわれた。
出演者は地元の住民なので、使用言語は英語とゲール語だ。フォードは1937年から製作したいと願っていた『静かなる男』のコング村ロケが行なわれたのは、1951年夏の10週間だった。
『静かなる男』の時代設定は1927年だ。映画に出てくる駅のある町キャッスルタウンはレイシュ県に実在する。

『イニスフリー』では、フォードの友人キラニン卿マイケル・モリスや地元の紳士たちによる地元の地理や歴史紹介を交え、今や伝説と化している『静かなる男』に出てくるスターの演じる個性的な登場人物の人物造型や挿話が引用される。さらに、地元の人々の現在の生活の描写が、土地にまつわる集合的記憶、ケルト文化の古い伝承、アイルランド人の悲劇的歴史などと自由な連想で結び付けられる。

『静かなる男』の映像とサウンドトラックが引用されるほか、W・B・イエイツの詩「イニスフリーの湖島」のシリル・キューサックによる朗読も引用される。
 ゲリンの映画愛に震える一編。

<特典>
収録映像:キャスティングノート(8分)/キラニン卿とイニスフリーのロケ地(7分)/コテージ(3分)/バー「パット・コーハン」での撮影(4分)/来日映像Q&A(15分)

封入:解説リーフレット(24頁)

※ケースにスレキズとヨゴレがあります
※再生動作、問題ありません
中古品ですので、美品をお求めの方はご遠慮下さい

Popularity Ranking for this Category