"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

Yahoo! JAPAN拍賣 公認合作夥伴

此拍賣的商品有可能需要使用特殊包裝服務以及大型包裹運送服務
故請詳細確認後才下標。

洒脱!/[近藤浩一郎]/東京美術学校/東京漫画会/山梨県

拍賣 嗜好、文化 美術用品 繪畫 水墨畫

商品説明

[ 翻譯 ]
洒脱![近藤浩一郎]/東京美術学校/東京漫画会/山梨県
本紙=縦330×横478mm(二つ折を拡げたところで)
本紙の右上と左上に、微かな欠損があります。額装で隠れる程度です。
写真 4・5 の画帳から一枚のみ取り出しました。


以下はウキペディアです。
近藤 浩一路(こんどう こういちろ、本名:浩(こう)、明治17年(1884年3月20日 - 昭和37年(1962年4月27日)は、日本水墨画家漫画家。明治初期の実業家・教育者である近藤喜則は祖父にあたる。

出生から美術学校・漫画記者時代[編集]

山梨県南巨摩郡睦合村(現南部町)に生まれる。近藤家は江戸時代南部宿本陣を務めた家柄で、父は浩一路の幼少時に病没しているが、祖父の喜則は初代県会議長を務めたほか地元で私塾を営んでおり、裕福な家庭に育つ。父の療養のため幼少時には静岡県庵原郡岩渕村で過ごし、富士川小学校を経て1902年(明治35年)に韮山中学(静岡県立韮山高校)を卒業すると上京する。
祖父からは医者になることを期待され英語学校や予備校へも通うが、文芸誌への投稿や俳句など文芸活動に熱中し、1904年(明治37年)には画家を志して洋画家の和田英作白馬会研究所に所属し、同年9月には東京美術学校西洋画科へ入学する。在学中には白馬会へ出展しており、この頃の画風には外光派の影響が見られる。同級生の影響で水墨画をはじめたほか、文芸活動も行っている。また、同級生には親友となった藤田嗣治らがいる。
美術学校では一年落第し、1910年(明治43年)に卒業する。卒業制作は連作「五十三駅」。卒業後は白馬会や文展への出展を行い入選もしており、京都で女子の絵画指導も行っているほか、藤田らと水墨画や漫画の展覧会を主催している。この頃には結婚もしていたため、1915年(大正4年)に読売新聞社に入社して漫画記者となり、政治漫画や挿絵を担当する。漫画記者としては美術学校時代の同級生で朝日新聞記者であった岡本一平と双璧で「一平・浩一路時代」と評され、漫画記者の団結のため結成された東京漫画会へも所属し作品を出展しているほか、赤甕会珊瑚会などの活動にも参加し日本画家としても注目される


(2018年 3月 18日 8時 46分 追加)
この作品一枚のみの出品です。

この一枚の価格です。

此類別中的熱門商品