"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

Yahoo! JAPAN拍賣 公認合作夥伴

透過Buyee的自助下標服務系統、以下Yahoo!日本拍賣的商品也能進行下標,請查閱!

這個拍賣經已完結。

近代水墨画原点!/[八大山人・鳥図・4図]/中国字画

拍賣 嗜好、文化 美術用品 繪畫 水墨畫

商品説明

[ 翻譯 ]
近代水墨画原点!/[八大山人・鳥図・4図]/中国字画


本紙(一点)=縦265×横216mm 紙本


4点が台紙貼りにされています。


夫々に本紙欠損やキズが有ります。


八大山人(はちだいさんじん、Bdshnrn、1626年? - 1705年?)は、明代末期から清代初期の画家・書家・詩人。本名は朱統(しゅ とうかん)、幼名または通称は朱(しゅ とう、は明代に驢馬の意味で使われた)。僧号は伝綮。字は刃庵。号は雪个・个山・人屋。款には「驢」「八大山人」なども使っている。石濤(朱若極)は遠縁の親族に当たる。
生涯[編集]
江西南昌に在した明朝の宗室で、洪武帝第17子の寧王朱権の9世の孫で、石城王の一族出身。朱謀の子、朱謀の甥。少年の頃から詩文を詠むなど秀才であった。官吏を目指し、科挙試験を受けるため民籍に降り、初等段階を経て応試の資格を得る。が、1644年に明朝そのものが瓦解したため、その夢は断たれた。
清軍の侵攻を避けて臨川県・進賢に逃げ、1648年に出家。その地の禅寺である耕香庵に入った。一説には、清朝が庶民に強制した辮髪を避けるためとも言われている。そこで仏道修業に励み、数年後には宗師となった。仏門に入ってから20年後、百人近い弟子を持ち、寺の外にも評判が聞こえていた。当時制作した絵画として傳綮写生册がある。友人の臨川県令の胡亦堂のもとに滞在していたとき、官舎に軟禁状態になったらしい。これには異説もある[1]、前年の三藩の乱の不安定な世相を背景にした事件だとも推定される。臨川滞在中に、僧服を焼き捨てて南昌へ奔走し、還俗した。その後、妻を娶ったことから、清の俗である辮髪にしたものと考えられている。世間との交流を避け、数少ない飲み友達と酒を飲み、絵を描く生活を南昌で送った。画でも高い評判を得、職業画家として生涯を終えた。石濤から八大山人への手紙も記録されている[2]。雍正13年(1735年)ごろの画論書『國朝画徴録』では、巻頭に挙げられている。

此類別中的熱門商品