"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

新品未使用送料安】萩焼【天鵬山窯】八角鉢【口19.5cm×高さ6cm】

商品説明

[ 翻譯 ]


 


萩焼【天鵬山窯】

八角鉢【口19.5cm×高さ6cm】



商品コメント
新品未使用品となります。


【萩焼(はぎやき)】
山口県萩市一帯で焼かれる陶器。
一部長門市・山口市にも窯元がある。長門市で焼かれる萩焼は、特に深川萩(ふかわはぎ)と呼ばれる。
古くから「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきたことで知られる焼き物である。
萩焼の特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「七化け」がある。
貫入とは器の表面の釉薬がひび割れたような状態になることで、七化けとはその貫入が原因で、長年使い込むとそこにお茶やお酒が浸透し、器表面の色が適当に変化し、枯れた味わいを見せることである。
素地の色を生かすため、模様は地味だが根強いファンが多く、市内界隈には新規を含め、多数の窯元が存在する。


萩焼は慶長9年(1604年)に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工、李勺光(山村家、六代目より坂倉と改姓)李敬(坂家)の兄弟が城下で御用窯を築いたのが始まりとされる。
よって当初は朝鮮半島の高麗茶碗に似ており、手法も形状も同じものを用いていた。
坂家の三代までを古萩といい、萩焼の黄金時代である。後に兄弟はそれぞれ別々の流派を生み出した。
一方で、明治期より苦境に立たされており、その時に休雪が休雪白という独特の作風を確立するなどして萩焼を中興している。
また、十二代坂倉新兵衛は萩焼を全国に広め不振衰退から救ったことにより、中興の祖と呼ばれている。
萩焼の技術は、1957年に文化財保護法に基づく選択無形文化財(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)に選択された(保持者は十二代坂倉新兵衛)。1970年には三輪休和(十代三輪休雪)、1983年には三輪壽雪(十一代三輪休雪)がそれぞれ人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された。
2002年1月には経済産業省指定伝統的工芸品の指定を受けた。


(HPより抜粋構成)

※保管品ですので外箱に痛みが
ありますが本体は問題がありません。
問題なく使用可能です。

ブランド、品質ともに説明は無用かと思います。
造りに関しては、長く使える逸品です。


お支払方法 ヤフー簡単決済
消費税0円 国が定める一定の要件を満たす事業者ではありませんので
消費税はかかりません。
落札価格+送料+振込手数料のみです。
送料 ヤマト運輸を利用予定です。
本州一律1200円/沖縄2400円・北海道1800円です。
注意 ◆出来る限り現物に近い色を出せるよう心掛けておりますが、
 画像の状態やモニターのの具合により若干の差がある事を
 ご了承下さい。

◆当方に大きな不備がある場合を除き、返品、キャンセルは
 お受け出来ませんのでご了承下さい。

◆ご不明な点がございましたら、お気軽に出品者への質問から
 お問いあわせ下さい。

 


 

此類別中的熱門商品