"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

Yahoo! JAPAN拍賣 公認合作夥伴

透過Buyee的自助下標服務系統、以下Yahoo!日本拍賣的商品也能進行下標,請查閱!

這個拍賣經已完結。

≪格安≫ Simon & Halbig/シモン&ハルビッヒ 1079 ca.62cm 仏製アンティークの椅子、ウイッグ2点、大型アンティークドール写真集付

商品説明

[ 翻譯 ]
Simon & Halbig #1079  ca.62cm 
S&Hのモールド#1079は1078と同様のドールで、絵付け特徴は2種類ありますが、どちらがどちらと言えないドールです。 DEP(仏語DEPOSEの略=登録商標)の刻印の付いたものは、フレンチマーケット用に製造されたドールですが、1079でもDEPの刻印の無いドールもあります。 1079は可愛いおしゃまちゃん達です。

こちらは#1079  状態の良いオリジナルボディに乗った、非常に状態の良いお人形です。 
お人形の価値は、ヘッドの状態のみでなく、ボディの状態(オリジナルボディか否か、遊んだドールか否か)で非常に大きく変わります。 

ヘッドマーク:『S&H 1079 DEP Germany  12 』

ヘッド:損傷の全くない美しいビスクヘッドです。 ヘッドの中も汚れてなく、非常に綺麗です。
          美しく清んだダークブルーのスリープアイ: 開閉は全く問題なく、ワックスも完全に残っています。
       特に美しいラウシャのブローアイが用いられてます。

ボディ:オリジナルのSimon&Halbigボディでオリジナルフィニッシの非常に状態の良いボディですが、 右足の親指に少しリペイントがあります。  
     
ウイッグ2点
‐ オリジナルアンティークモヘアウイッグ
‐ 高価な手植えブロンド人毛ウイッグ: キャップに毛髪が植えてあります。

アンティークのコットンドレス:ハイウエストや胸からボリュームのあるスカートが流れる1900年頃大流行したデザインで、 胸元と背に手刺繍のレース地用い、裾は当時流行のミシンで入れた細かいタックの装飾があります。 手刺繍は、ルーペで裏を見れば裏糸が無いので分かります。もう一つの決め手は、繰り返される模様に少し違いが認められます。 機械刺繍は、裏糸があり、繰り返される模様も機械的です。

このミシンで入れる何本もの非常に細いタックは、ドイツ製のドレスや下着に見られるもので、当時存在した細い針や糸はもう存在しないので、現在では出来ないテクニックです。 現在の糸や針では同様には出来ません。 手に取って見れば分かります。

アンティークの椅子:1890年代のフランス製の椅子です。 1880年頃から1900年頃まで、東洋風が流行し、ヨーロッパでは竹の様に細工された木製の椅子やテーブルが製造され、椅子は『faux bamboo chair』 と呼ばれました。 一か所バーを失ってますが、高価な椅子です。 彼女が座っております。

下着: ビンテージのドロワーズとシュミーズがセットになった物です

オイルクロスの靴: ビンテージかアンティークのどちらかです。 ボタンがガラスで、リボンがシルクでしたらアンティークと思って良いですが、未だ、調べておりませんので分かりません。
            
ソックス: 手編みソックス

麦わら帽子

淡水真珠イヤリング

送料:6400 
追跡と配達は日本郵便となります。



製造会社: Simon & Halbig (ハルビッヒ と読みます) 1869-1920
1869年に Wilhelm Simon と Carl Halbig によって創立されたビスク人形製造会社で、2か所に工場を持っていました。 ビスクドール製造会社には窯持と窯を持ってない会社がありましたが、 窯無し会社は、窯持に自社のデザインのヘッドを焼いて貰いました。 窯持の代表的なものが、フランスではゴーチェ(50社以上のヘッドを焼いている)、ドイツではSimon&Halbigやケストナーです。 ところが、Simon&Halbigは他社のヘッドにも『Simon & Halbig』、『Halbig』 の刻印を打っているので、HandwerckやK&RのドールをS&Hと思ったり、合作と勘違いしている出品者が沢山おります(基本的な事が分かっていない証拠です!)。 S&Hは、1920年には、K&Rに買収されます。

S&Hは、フレンチドールのヘッドも焼いており、これらには『S&H』の刻印はありません。ジュモーの共同経営者のエミール・デユィエも経営難突破の為に、S&Hからヘッドを購入して、ジュモーボディを付けて『TETE JUMEAU』のスタンプを押して販売していますが、これらはジュモーデザインでは無く、S&Hのヘッドです。 SFBJは経営者(責任者)がドイツ人だったので、経済的理由から、非常に多くのヘッドをS&Hに発注しています。 それらの中には、『TETE JUMEAU』のスタンプが付いたのもありますが、オリジナルのテートジュモーとは全く関係無いもので、『JUMEAU』銘柄を後世に残したいと言うエミールジュモーの願望から、『TETE JUMEAU』のスタンプが乱用されたのです。

此類別中的熱門商品