"Buyee" Japanese Proxy Service | Buy from Japan!
Buyee

A Yahoo! JAPAN Auction Partner

This auction has ended.

「 関の孫六兼元 」 ・特別貴重刀剣・之定と並ぶ美濃の名工・古刀最上作にして最上大業物

Item Explanation

[ Translate ]
孫六兼元・特別貴重刀剣・之定と並ぶ美濃の名工・古刀最上作にして最上大業物

孫六兼元は、室町後期に美濃国武儀郡関郷で活動した刀工であるが、兼元の名は室町時代から江戸時代を経て現代にまで続いている。そのうち2代目を特に「孫六兼元」と呼ぶ。「関の孫六」の名でもよく知られる。尚、孫六は、兼元家の屋号である。後代兼元には「まこ六」などとかな文字で銘を切るものもある。古刀最上作にして最上大業物です。
末関物を代表する刀工の一人で、和泉守兼定(2代目兼定)と共に名を知られる2代目兼元が著名で、永正の頃に初代兼定のもとで修行し、その息子2代目兼定と兄弟の契りを結んだという伝説もある。
戦国時代に「武田信玄」「豊臣秀吉」「黒田長政」「前田利政」「青木一重」など、多くの武将が佩刀し、実用性をもって知られた名刀で有る。
作刀期間は、大永3年から天文7年までの年期作が遺作として残っています。
作風は、棟の重ねが薄く鎬筋高く、平肉が付かない造り込みに特徴がある。平造りの小脇差、短刀、槍の遺作を見る。
鍛えは、板目肌が流れ肌立ち、鎬地柾目となり、白ける。但し、例外的に小板目肌が良くつむものがある。
焼刃は所謂「三本杉」が著名。互の目尖り刃が一定の間隔で連なる様を三本杉と呼び、古来より「関の孫六三本杉」として広く知られる特色の有る刃文である。


本刀は「孫六兼元」在銘、本間薫山先生により孫六と極められ、地鉄は美濃特有のやや白けた杢目古風で鎬下には白け映り表れる。刃は尖り刃の三本杉乱れ調子で続き、帽子は地蔵帽子となるも掟通りであります。
銘鮮明に残り、錆色も味わい深い羊羹色となっています。ハバキは時代の銅ハバキで巣籠もり龍が表裏に精密に彫られています。
日本美術刀剣保存協会の特別貴重刀剣認定書が付属致しております。

本刀は委託品でございますが、なるべく売り切らせて頂きますので、皆様のご入札をお待ち致しております。古研ぎの状態のままでございますので、写真のように少々のヒケ薄錆ございますが、鑑賞には何の支障もない状態を維持致していると思います。研ぎ溜まり部分に研ぎ師の掻き銘があります。
落札後は速やかに取引いただける方のみご入札ください。評価の悪い方等の入札は当方の判断で取り消す場合があります。新規の方でも入札できますが、質問欄より(落札に至った場合の購入の意思)ご連絡ください。

種別・・・・刀
長さ・・・・63.7cm
反り・・・・1.6cm
目釘穴・・・3個
元幅・・・・約2.9cm
先幅・・・・約2cm
元重・・・・約6.4mm
先重・・・・約4.8mm
刀身重量約650g
昭和28年3月9日文化財登録 岡山県
xvpbvx

 

 

 

 

 

Popularity Ranking for this Category