"Buyee" Japanese Proxy Service | Buy from Japan!
Buyee

A Yahoo! JAPAN Auction Partner

This auction has ended.

☆カスタム☆ 箱保付き オメガ Omega スピードマスター Speedmaster ファースト・オメガ・イン・スペース First Omega In Space FIOS

Item Explanation

[ Translate ]
オメガ スピードマスター ファーストオメガ インスペース 311.32.40.30.01.001 のカスタム仕様のものとなります。元箱、保証書付きとなります。
Omega Speedmaster First Omega In Space 311.32.40.30.01.001(以下、「FIOS」)。

FIOSは本来オメガ社が、1962年マーキュリー計画の「シグマ7」ミッションで、宇宙を旅した初のオメガ ウォッチ「スピードマスターCK 2998」を記念するため、2012年に復刻したものとなります。月面着陸時に着用されていた有名な手巻きムーブメント、キャリバー1861が搭載されています

通常現行で出回っている「プロフェッショナルモデル」との外観上の違いは主に、文字盤に「Professional」の表記がないこと、ラグにプッシュボタンを保護するためのガードないこと、2点となります。
より詳細な仕様は、オメガ社公式ページにてご確認いただけます。

そのそのビンテージ品のオリジナルCK2998(「2ndモデル」とも呼ばれます)は、現在流通している個体数が少なく、アンティーク市場では150~200万円で取引されており、スピードマスターの愛好家としても、中々手が届かない存在となっております。
そこで、FIOSのリリースは我々愛好家にとって非常に有難い一方、どうしても現行仕様である為、残念ながら私自身が追い求めているビンテージCK2998の風貌とは、まだまだ距離があります。

それでオリジナルのCK2998の風貌に近づけるべく、この個体のFIOSは以下の改造を施しております。
勿論、改造に使われた部品はすべて純正部品です。

1.オメガ純正プラ風防の交換
FIOSのビンテージ感がない主要要因の一つとしては、従来スピードマスターで使用されているプラ風防ではなく、サファイア風防が使用されあることです。そのため、個体のFIOSオメガ純正プラ風防を交換してます。
純正プラ風防とは言え、FIOSはケースサイズが微妙に小さいことから、直接交換はできず、プラ風防を紙やすりで丁寧に削り、FIOSケースのサイズに合わせています。この仕事は、OmegaForumで知り合ったドイツの職人さんに依頼しています。
この改造のみで、約6万円使っております。なお、防水については、ビンテージ品と同様なお取り扱いを頂いたほうが、無難だと思います。

2.クロノグラフ針の交換
早期のCK2998で使われていた、円形の蛍光付きの針を交換しました。

3.秒針の交換
FIOSでは銀色の秒針が使われていましたが、CK2998同様の、白い針に交換しました、

交換されたFIOS純正の部品は保管していますので、町の時計屋さんで、全部元の状態に戻してくれることも依頼できます。

現在着用している方も多い、プロフェッショナルモデルと違う、CK2998の風貌を兼ねた、FIOSはいかがでしょうか。
普段の着用で細かい傷等ございますが、まだまだ末永くご愛用いただけます。

また、CK2998のキャタピラブレスではありませんが、即決価格で購入いただいた方には、純正の1125ブレスをおまけでお付けします。

スピードマスター、カスタム品、および中古にご理解のある方のみ、ご入札を頂けたらと存じます。
お取引後は、NCNRでお願い致します。

Popularity Ranking for this Category