"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

上海茶叶市場 小餅茶 100g 5枚入り  送料無料

拍賣 食品、飲料 飲品 茶色 中國茶 普洱茶

商品説明

[ 翻譯 ]

小餅茶 100g  五個餅


熟茶
プーアル生茶を多湿状態に置くことで、カビによる発酵をさせて作られる。年代を経た茶葉の風味を短時間で量産できる方法として、1973年から作られるようになった。生茶に比べて色が濃く、暗褐色を呈す。一般的に販売されているプーアル茶は熟茶である。熟茶も無理に熟したお茶(すぐに飲み頃だが香りは弱い) 弱く熟したものは時間によって熟仕方が変わってくる。お茶の色で判断できる。

色の濃いのは飲み頃ですが色の薄いお茶はもう少し置いたほうがおいしくなります。

特 徴
ダイエット茶といわれるのは、発酵菌が脂肪を分解する酵素を持っているため。脂肪分解の点では烏龍茶より優れているといわれています。食中・後におすすめです。
中国現地で直接卸売市場を回り、一番日本人の口に合う物を見つけてきました。 自信を持ってお勧めできるお茶です。 ちなみに私は中国語ができるので交渉も買い付けも品定めも自分でやってきました。

中国では、茶葉バラバラになった散茶タイプよりも、保存や運搬に便利な固形茶タイプの方がむしろ多いくらいなのです。
日本では、プーアール茶はダイエット用の健康茶として紹介されることが多いようですが、この「七子餅茶」は、食後のお茶としてはもちろん、蒸らし時間やお湯の量で濃さを調節して、食事といっしょでも、お気軽に召し上がっていただけます。

色々なHPを見てても日本の市場には”ホントかな?”と思うようなプーアル茶がとても多いです。 中国をちょっと知ってる人なら気がつくのですが中国はまだまだ”偽物”があふれています。 平気で工場の生産時から騙すつもりで作ってます。 1983年と彫られたプアール茶の1年物がいっぱいあるのを見たのはびっくりしました。

30年!以上も前とか言われると1983年に作られたわけで、天安門事件のずっと前ですね。贅沢は敵の時代です。そんな時の物が あったとしても値段はきっととても高くなります。日本のお店の方は騙すつもりではなく、騙されて知らずに売っている ケースがほとんどだと思いますが、消費者としては気をつけたいところです。

すべてが偽物と言っているわけでは無く、そう言う物もあると言うことを知っておいて欲しいんです 


今回の物は仲の良いお店から買ってきた物です。年代も大事なのですが使っている茶葉、製造技術、保存状態も味を決める大事な要素です。まずは飲んで比べてみて自分の口で確かめてください。


 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
カンタンな淹れ方と手順を紹介します。
プーアール茶には「生茶」と「熟茶」がありますが、
どちらも淹れ方の基本は同じです。
1. 茶葉
茶葉は少量で十分です。
まずは軽くひとつまみで試してみましょう。

固形茶は飲む分を崩しておきます。
表面を剥がすような角度で千枚通しを刺し入れると、力がいらず、茶葉を傷めずに崩せます。
崩した茶葉やバラバラの散茶は瓶や茶缶に保存し、淹れるときに取り出します。

300ccのポットには3gほどの茶葉。
500ccのポットには5gほどの茶葉。
1gは1円玉と同じ重量なので、目安にしてください。
2.お湯
何煎も飲めるプーアール茶ですが、できたら一煎ごとに熱湯を注ぎたいものです。それに便利なのは電気ポットです。

様々なメーカーの品があるので、お好みのモノを探してみてください。
3.茶器
プーアール茶は茶器を選びません。
ふだん飲みには、やや大きめの茶器が合います。1人~3人=150cc~300cc。 3人~4人=300cc~800cc。
ここではコーヒー用のグラスポット350cc(写真上左: ハリオ V60レンジサーバー 360)を使います。
茶杯は、コーヒーカップ100ccを使います。
なお、後に紹介する「洗茶」の捨て湯をするために、ひとつ余分に大きめのカップを用意します。
4.洗茶
茶葉を湯で洗います。
ホコリやアクを落し、乾ききった茶葉を湿らせます。
熱湯を使うのは、茶葉や器を温め、成分が抽出されやすいようにするためです。
茶葉が浸かるくらいの少量の湯を注いで、すぐに捨てます。
この捨て湯のために茶盤や茶缸がありますが、なければカップや茶碗をひとつ用意するとよいでしょう。
なお、捨て湯を利用して飲むほうのカップを温めることもできます。
5.泡茶
ふたたび湯を注ぎます。
茶杯に一度で注ぎ切れるように、湯の量を調整します。
蓋をして蒸らします。
最初は蒸らし時間を短かめにして、薄めにあっさり淹れて、味をみるのがコツです。

プーアール茶も様々で、蒸らし時間のタイミングはひとつひとつのお茶によって異なります。
6.飲む
ポットのほうに湯を残さないのがコツです。
カップのお茶を飲み干したら、またポットに湯を注いで、5~6煎はくり返して飲めます。もしも茶が濃く出すぎたら、湯を足して薄めましょう。
茶葉の量、お湯の量、抽出する時間、いろいろ試してみてください。

茶葉はそれぞれに個性があります。その良さを存分に引き出すコツや好みの風味をいろいろ試しながら見つけてください。
ピタッと美味しいお茶が淹れらるようになったときの喜びは格別です。
 

此類別中的熱門商品