This auction has ended.

Eric Clapton - Milano 1985 1st Night (2CD) Beano エリック・クラプトン

Auction Music CDs Rock & Pop Rock & Pop E Eric Clapton

Item Explanation

[ Translate ]
メーカーオリジナルのプレス盤。

■状態:目立つキズ、汚れ等のない美品です。

※本品は中古コレクターズCDです。ご理解いただける方のみ入札をお願いいたします。

迅速かつ気持ちの良い取引ができるよう心がけております。お尋ねになりたい点がございましたら、質問欄にてお気軽にどうぞ(オークションの公平性を損なうような質問・要望は受け付けておりません)。

他にも数点出品しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。


■以下、メーカーインフォです。

ERIC CLAPTON - MILANO 1985 1ST NIGHT(2CD)
Live at Teatro Tenda Lampugnano, Milano, Italy 27th October 1985 TRULY PERFECT SOUND

エリック・クラプトンの1985年「ビハインド・ザ・サン・ヨーロッパ・ツアー」から、これまで完全未発表だった10月27日のイタリア、ミラノ公演を非常に良好なステレオ・オーディエンス・ソースで完全収録しています。この音源の元はネット上にアップロードされたマスターで、世界的に有名なテープトレーダーRLRという人物から、彼が所有するあらゆるアーティストの生録音カセットテープ350本分を譲り受けたという人物がアップしたものです。彼曰く、今後もシリーズとしてRLR秘蔵のテープ音源を順次アップしていくと宣言していますが、その第一弾が本盤のマスターというわけです。ネット音源そのままでもクリアさとステレオ感のある高音質でしたが、当店では限定のプレスCDでリリースするにあたり、さらなる音質のグレードアップを図りました。全体的に低音域と高音域に張り出しているポイントがありましたので、特に耳につく高音域を調整し、聴きやすくしました。それにより、ボーカルとギターがナチュラルな音質になり、原音において閉塞感のあった全体像が解消されています。また、Cocaineの1:39 4:28における左チャンネルでの極端な音落ちを、右チャンネルとの均衡化を図って疑似ステレオ処理を 施しました。これによりかなり聴きやすくなっています。さらに、全体の音圧を上げ、素晴らしく迫力のある音像に生まれ変わらせています。こうしたマスタリング作業でさらに際立ったこの優れた音源は、オーディエンス・ソースの醍醐味を最大限に味わえるものと言えます。

イタリアと言えば、セリエAのサッカーリーグが大人気ですが、本盤ではまるで会場がサッカース タジアムと化したような現象を確認できます。クラプトンが「ロマンティックなナンバーを」と紹介して始めるWonderful Tonightのイントロが奏でられた途端の大歓声はまさにサッカーのゴールシーンのそれと同じです。そしてかなりの数のオーディエンスが嬉しそうにこの曲を合唱しています。またCocaineでは、お馴染みのあのフレーズをオーディエンス全員が演奏に合わせて歌うという、物凄いシーン が現出しています。これもまるで贔屓のサッカーチームを応援する時のような状況で、クラプトンが苦笑いしながら演奏していたことが目に浮かぶような大熱狂シーンです。こうしたことに代表されるように、この日のオーディエンスの歓声はレコーディングを妨害するどころか、むしろ盛り上げるために特別なムードを作り出していたと言えるでしょう。本盤を聴かれれば、好みのアーティストのコンサートを共有することは何と楽しいことなのだろうか、と実感されることでしょう。このオーディエンスのサポートに後押しされて、クラプトンとバンドのパフォーマンスは絶好調を極めていま す。Same Old Bluesでの怒涛のソロ、Double Troubleでの泣きのソロ、Cocaine、Layla、Further On Up The Roadでも切れ味抜群のソロを畳み掛けています。

ファンならば、このツアーのオーディエンス・タイトルとして、持っていて絶対損はありません。 ネット・マスターをさらにグレードアップした本盤が、この音源では最高最良のタイトルとなります。ジャケットには当日の写真を使用。プレスCDでの限定リリースとなりますので、お早めのオーダーをお願いします。

Disc 1 (50:07)
1. Intro.
2. Tulsa Time
3. Motherless Children
4. I Shot The Sheriff
5. Same Old Blues
6. Tangled In Love
7. White Room
8. You Got Me Hummin’
9. Wonderful Tonight
10. She’s Waiting

Disc 2 (52:26)
1. Lay Down Sally
2. Badge
3. Let It Rain
4. Double Trouble
5. Cocaine
6. Layla
7. Forever Man
8. Band Introduction
9. Further On Up The Road

Eric Clapton - Guitar, Vocals
Tim Renwick - Guitar
Chris Stainton - Keyboards
Donald ‘Duck’ Dunn - Bass
Jamie Oldaker - Drums
Laura Creamer - Backing Vocals
Shaun Murphy - Backing Vocals

Beano-083

Popularity Ranking for this Category