"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

洋画家の余技!/[朝井閑右衛門・硯図・額装]/上海派遣軍報道部・戦争記録画制作

拍賣 嗜好、文化 美術用品 繪畫 水墨畫

商品説明

[ 翻譯 ]
洋画家の余技!/[朝井閑右衛門・硯図・額装]/上海派遣軍報道部・戦争記録画制作

マットサイズ=縦440×横223mm

額外寸=縦630×横325mm

絵部分に小さな蔵シミがあります。

朝井 閑右衛門(あさい かんえもん/あさい かんうえもん、出生名:浅井 實(みのる)、1901年1月24日 - 1983年4月23日)は、日本洋画家戦前官展光風会で活躍、戦後は新樹会国際形象展を結成し、油彩の厚塗りで強烈な個性を発揮した。常に画壇の第一線で活躍しながら画集もなく、また本格的な個展も開催することがないなど、特異な生涯を貫いた。同じモチーフを繰り返し描くことが多く、「バラの画家」「ドン・キホーテに憑かれた画家」とも呼ばれる

昭和13年(1938年)5月、上海派遣軍報道部から戦争記録画制作の依頼を受け、中村研一小磯良平江藤純平柏原覚太郎向井潤吉南政善鈴木栄二郎脇田和とともに上海に赴き、7月までアスター・ハウス・ホテルに滞在する。それまでは画家自らが従軍を志願するのが普通だったが、叶わないことも多く、軍の側から画家を招いたのは初めての試みだった。
昭和16年(1941年)は、朝井にとって大きな変化がはっきりと現れた年となった。この年朝井は光風会展の審査員となるが出品せず、文展にも出品していない。単身中国に旅立ち、上海、蘇州、南京などをめぐり、5月には日動画廊の上海支店である上海画廊で個展を開いた。
 このころから戦争取材の目的はほとんど忘れられ、南画を描いたり、墨で蘇州の風景を写生したりすることが多くなった。
昭和17年(1942年)4月、富永邸の敷地内に建築中だったアトリエが完成し転居する。同年6月2日、長女祐子(現姓田中)が生まれる。昭和18年(1943年)2月、再び上海に赴く。昭和19年(1944年5月14日、次女三喜(現姓飯森)が生まれる。昭和20年(1945年)3月、疎開した妻子と別れて単身上海を訪れ、黄浦江を望むブロードウェイマンション717号室で終戦を迎えた。一方、広島の実家は原爆投下の爆心地となり、弟の孝が犠牲になった。



此類別中的熱門商品