"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

SANSUI 高音質 メンテ品 AU-D907X 往年のsansuiサウンドが聴けます

商品説明

[ 翻譯 ]
AU-D907Xの写真
サンスイは,07シリーズの6世代目モデルとして1984年にAU-D507X,AU-D607X
AU-D707X,AU-D907Xを発売しました。その中で907シリーズは最上級機として君
臨してきました。このモデルよりサンスイはアンプのバランス構成化に踏み切りました。
07シリーズの中でも,内容的に大きな飛躍を遂げたモデルではなかったかと思います。                                         
これより2年前の1982年頃,プリメインアンプをサンスイのAU-D7から一気にグレード
アップしようと考えていた私は,当時,AU-D7と同じサンスイのAU-D907F EXTRA
オンキョーのA-820RS,アキュフェーズのE-301の3機種が最終候補に残り,その中
でさらにじっくり試聴して決めたことを思い出します。
そのときは,結局アキュフェーズのE-301に決め,その後アキュフェーズを愛用し続け
ることになるわけですが・・・。オンキョーのA-820RSは音が力強くクリアで心惹かれま
したが,小音量時の音が他の2機種に比べて荒いことが気になって候補から落とし,そ
して,今回本題のサンスイのAU-D907F EXTRAはサンスイにしては,音が柔らかめ
で少し暗いことが意外で,結局選ばなかったことを思い出します。     
そして,それから2年後このAU-D907Xが発売されました。早速,知り合いの販売店で
試聴させてもらった私は,AU-D907F EXTRAのときのイメージが払拭され,実にクリ
アで魅力的な音になっていることにショックを受け,「2年前にこれを出してくれていたら・・。」
と思ったことが今でも印象に残っています。もし2年ずれていたら,私は今でもアキュフェー
ズユーザーではなくサンスイユーザーだったかも知れないのです。それくらい私にとって
強く印象に残っているモデルがこのAU-D907Xです。        
(なお,サンスイの07シリーズはいずれもすばらしいモデルです。私の好みではFシリー
ズに少し魅力を感じなかったわけでして・・・。Fシリーズユーザーのみなさんごめんなさい。)                   
AU-D907Xの最大の特徴は,バランスアンプになっていることでした。それまでの07シ
リーズはすべて通常のアンバランス構成で,+側だけを駆動し,-側はアースと兼用した
構成でした。本モデルから,バランス構成となり,「Xバランスアンプ」と称していました。ス
ピーカーの+-をそれぞれ2つのアンプでドライブし,フィードバックもスピーカーの両端
子にバランスフィードバックをかける構成でした。また,入力動作もサンスイ自慢のツイン
・ダイヤモンド・バランス差動回路に直結のバランス入力とし,電源部もバランス電源を採
用し,信号系から完全にアースが分離された理想的なバランス構成を誇りました。プリド
ライブ段も,入出力を完全にバランス構成とし,アンプ内伝送も,アースと全く関係ない電
流伝送を行うため,ツイン・ダイヤモンド・バランス差動回路を使ってカレントドライブする
など,アンプ内が完全にバランス化されるという一大変革がなされていました。これ以降,
サンスイのアンプは,バランス構成を特徴とし,さらにバランスアンプを高度に追求して
いくことになります。その意味でも画期的な転機となったモデルではないかと思います。                     
電源部は,サンスイ伝統の強力電源で,写真のように大型のトライダルトランスと4本の
大型のコンデンサーを搭載し,プリドライブ部,パワー部,L/R独立の4電源方式を採
用した安定した構成でした。
入力系も充実し,CD端子も備え,さらに入力セレクターを通さないCDダイレクト端子も
搭載していました。フォノ系もMMだけでなく,MCもトランスで対応していました。このMC
トランスは,スーパー・パーマロイコア使用でモノラルタイプを左右独立で搭載する本格的
なもので,MCカートリッジにも完全な対応を誇りました。イコライザー部もサンスイの誇る
DCアンプ構成,高性能Hi-Precisionイコライザーで,20Hz~300kHz±0.2dBのハ
イクオリティーを誇り,ダイヤモンド差動回路とあわせ優れた性能を誇りました。                  
パーツ,コンストラクションも高性能を追求し,主要小型電解コンデンサーにAWD高性能
タイプを,小容量フィルムコンデンサーに銅箔スチロール型を採用していました。また,ヒー
トシンクも写真の通り,大型で重量級のアルミブロックヒートシンク,シャーシは磁気歪み
を防ぐ銅メッキシャーシ採用など,当時のプリメインアンプの枠を超えたものでした。なお、一点、
難点があります。TONE,サブソニッック、CDダイレクト、mutingのスイッチ切り替えの際は必ずスピーカーをオフにしてから使用してください。ポップノイズが出ます。直して使用する方は必要ありません。
よろしくお願いします。                                                  

此類別中的熱門商品