"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

這個拍賣經已完結。

最後1点・イタリア製AndreMaurice当ショップだけのスパンコールカシミヤシルクストール◆ブラック

商品説明

[ 翻譯 ]

*ブランド* AndreMauriceアンドレモーリス(イタリア)




【素材】

カシミヤ70% シルク30% イタリア製 2022AW生産品


【SIZE表示と実寸(cm)】



<実寸㎝>

幅38、長さ194

(個人的に最も理想の長さ・ニットなので個体差あり、目安までに) 重量297g


私のショップで「杏さんストール」と名付けて2019年秋冬から販売しているシリーズです。

初のスパンコールバージョン!



私が海外各地にて1軒1軒、脚を運んで、目と手と肌でセレクトしているお品です。

特にこちらは、超特別品、雑誌プレシャスPrecuous2014年の画像の号の表紙で

当時杏さんが巻いていたマフラーと全く同じ形で、「初めて生産するスパンコール入り」のストール。


2019秋冬~2021秋冬まで、常にカシミヤ100のノーマルなタイプを

ずっと生産してきましたが、今回初めて「スパンコール入り」を生産。

数限定です。他のプラットフォームでも販売しているので、

売り切れる前に是非気に入られた方は「他では絶対に売っていない品」

にこだわりを持つ方はご検討ください。



こちらは2022AW(この秋冬)から、

当ショップがアンドレモーリス社と独占販売権の契約を結んでおりますので、

日本においては(世界的にも同様かと)弊社でしか、

当ショップでしかこのお品は扱っておりません。「

絶対に他人と被りたくない」「真のものを身に纏いたい」という大人の女性のための1枚です。



このストールの「ベース」「生まれ」は画像にある「雑誌Precious2018年2月」

の表紙で雑誌杏さんが巻いていたことから始まっています。

このことを語ると、非常に長すぎる説明になるので、

もしこのニットストールの真偽や真相を確認、

またマニアックな知識や背景を知りたいと思う方は是非、

こちらにすべてこのストールについての私の歴史をまとめてありますので、お読みいただければ幸いです。

ここでは商品の説明のみさせていただきます。


https://note.com/mselection375/n/n6b692a4e805c


こちらでかなりマニアックにすべて説明しておりますので、安心してお買い求めください。






こちらのニットストールは22AW品です。

これを作れる、輸入しているのは、世界中で間違いなく私だけです。

独占契約をしております。


このストールにはとても深い深い歴史と私の思いがあり、

それをわかってくれる人、理解してくれる人、背景・ストーリー・歴史、真のものを

「きちんとした適正価格」で選んでくれる方に買っていただきたいと思って

今回は数少ない残った在庫を数点だけ紹介させていただきます。


(私は20年会員制ショップを運営しているので、

そちらのお客様で大半はもう売れてしまっていて、残っているのは数色数点のみです)



アンドレモーリス社に正規発注(半年以上前にこちらは発注して生産してもらいました)、

正規輸入をしております。ご安心ください。





*買付地:イタリア アンドレモーリス(ALGIS S.R.L)2022年秋冬生産品

 正規輸入・輸入許可を得ています






●杏ストール、と名付けたこのストールについて●



今年も今日から沢山の私の感性でセレクトしたアンドレモーリスの

2021AWコレクションを出品しますが、この「杏さんストール」と名づいている

このお品に限っては、私だけが特別発注したものになります。それにはきちんと背景があります。



私は雑誌プレシャスの愛読者ですが、画像のように2018年2月号の表紙が

とても目を引くものでした。一瞬にして虜になったのは、

表紙の杏さんが巻いているストール。なんて美しい発色と編地。

ミドルゲージっぽくたっぷり目、端のリブの編地がとても素晴らしい・・・

一体どこのストールだろうとクレジットを見るとなんと

「アンドレマウリーツェ49,000円(税別・当時で)」とありました。

私が何年も個人の代理店さん通じていつも「ウール(秋冬)」と

「コットン(春夏)」の品を買っていた自分がよく知っているつもりのブランドのお品でした。


その代理店の方すらこの表紙を知らず私が「マウリーツェのストールが載ってますよ!!」

とその代理店の方に教えてさしあげたほど。

さらにこの2018年2月号の中には他にも沢山マウリーツェのマフラーが

掲載されていたのです。このマフラーは画像のように定価49,000円税別と書かれています。



その後私はイタリア現地のこの会社へ実際に出向き、ブランド、

アンドレモーリスの会社・ショールームに足を踏み入れました。


この会社のメインはウール・コットンではなく「カシミヤ」

だということもその時思い知らされました。


代理店の方に「この杏さんが巻いているニットストールを発注したい、調べてほしい」

と頼みましたが、「こんなのはコレクションにない」と言われさらには

「ペラペラ(と言っては失礼ですが)の普通の薄いカシミヤ100のマフラー」

を紹介されました。当然今回のこのお品とは雲泥の差のものでした。



それ以来、納得がいかず執着と追究をついついしてしまう性格の私は、

自分でイタリアへ出向きこのモーリスの会社とコネクションを作る事が出来ました。


そしてこの雑誌を持っていき、

輸出担当者に「どうしてもこのニットストールが欲しい」

「去年2018年雑誌に紹介されているものなのに、

どうしてこれが存在しないのか?」

をその担当者にかなり強く追及したところ、調べてくださり、

「この雑誌のお品は2014年に生産されたもので、

きっとスタイリストか個人の方の所有物よ」と教えてくれました。


そして画像にあるとおり、白いマフラーをその担当者が持ってきてくれて

「これが当時の2014年の秋冬のストールよ。これでいい?」

と私はついに「夢だった杏ストール(勝手にもう「杏ストール」名付けていました)」

と対面することができました。


そしてこれをどうしても発注したいと懇願し、

ある一定数の揃えば勿論オーダーしていいですよ、と言われたのが最初2019年。

そのときも残った杏ストールを出品しまして即ヤフオクでは売れていきました。

目にされず終わった方も多いかと思います。


2020年AWはコロナもあり、また発注したものの漏れたりしてしまい、

様々な面でやはりパンデミック状態・・・手にすることできず、

そして1年休んで昨年2021秋冬コレクションで再び生産。


そして2022年2月からはまたアンドレモーリスショールームに

いけるようになったので、その時に今回は「スパンコールバージョン」

を作ってもらうお願いをしました。

そしてこの時点から、カシミヤ100ノーマルバージョンと、

このスパンコールバージョンは私のショップでのみ扱える、

独占契約を結ぶことになりました。よってこのお品は日本のどこを探しても弊社以外では扱っておりません。



今回は「やはり女性の夢のキラキラ」のスパンコールバージョンを手がけました。

キラキラ、ラメ、スパンコールが大好きな大人女性は多いはず。

沢山のイタリアのハイブランドからスパンコールが展開されていますが、

本物をよくご存じの方はそれらの価格

普通に10万超え、今のご時世ならもっとかも)を理解されていることと思います。


それでも「妥協したくない、真のものを持ってこそ、結局は長年使える。

安物買いの銭失いにはなりたくない」という方ならこのよさを理解してもらえると信じております。

そんな方に買って欲しい。



画像でも説明しておりますが、

スパンコール入りでカシミヤ100はほぼあり得ません。

この細かいスパンコールの場合、です。

カシミヤの糸にスパンコールは通りません。

なので、必ずシルクの糸にスパンコールを通して、

カシミヤの糸とシルクの糸と7:3の割合で入れ込みます。

なのでこちらはカシミヤ100ではなく、

カシミヤ70%シルク30%のスパンコールニットストールとなりますが、

カシミヤが入っている商品には、アンドレモリスは必ず「不織布パッケージ」を使います。



長くなり、ここまで目を通して読んでくださった方々には感謝いたします。

実際のお品の説明よりも、「なぜこのマフラーなのか」

の背景をしっかり説明したかったのと、

これを読めば「絶対に他店には売っていない(世界中探しても)」ことがお分かりいただけると思います。





今の時代の方、若い方などはあまり物に執着することも、

心躍るような気持ちになることも、

包まれる幸せを感じることも少ないようです。

そして「カシミヤ」と表示されていればなんでも同じ、

とカシミヤにもピンキリがあることもご存知ない方も多いようです。



今回のカシミヤ70シルク30は非常に質がよく、

思う以上に密でマットで高級な厚みもあり、

両端の編地リブも、内側の縁取り編地も最高の仕立て。

巻くとボリュームあり。私はギュッとコンパクトに巻く方法が好きです。


イタリア製、是非堪能してみてくださるとありがたいです。2色3色持っていても絶対に損はありません。



●ブラック

過去普通のカシミヤ100バージョンでも出てきたことがない、生産したことがない

超定番カラー。黒だけですと寂しいけれども、そこにスパンコールを入れることによって、

非常にキラキラとエレガントに、重くならないテイストになります。黒は今回生産したので数年は生産しないと思います。シックな大人の方へ。




どの色もどのコーディネートにも合わせやすいお色目です。

ニットストールですとちょっとカジュアルになりがちなところを

スパンコールを入れることで一気にリュクス、ラグジュリー感がアップします。


・お知らせ:2022年12月末をもって、こちらのヤフオクを可能な限り

大きく縮小、終了予定で11月と12月動きたいと考えております。

別の場にプライオリティーを置いて稼働を既にかなりしております。

そちらへリピーターの方も

移動していただけると幸いです。

年内はこちらで在庫を処分したいと思います。





 

↑ クレミノ(ベージュ)は完売しました ↑


*対象商品は 「マフラーのみです。それ以外はコーディネート参考例です。



●転売目的の方へ●

転売される方は、「自身で画像を撮影し、自身で文章を作成」してください。

当方の写真、着画、文章の使用を見つけた場合は、

その場で何かしらの形でお声掛けさせていただいております(実際何度もしております)。

また、今後ヤフオクでのお取引はこちらから出来ないように設定させていただいております。




xvpbvx

【ブランド説明 AndreMaurice イタリア アンドレモーリス】


●これまでこれまで私のオークションを長くご覧いただいてきた方ならこのイタリアの「AndreMauriceアンドレモーリス」というブランドをよく目にしているかと思います。
基本的に直営店はイタリアをはじめ、世界中どこにも今のところありませんし(スイスに近いうちにアウトレットは出来ています)、
日本では当然このお品を扱っているショップはなかなかないと思います。
これまでも春夏・秋冬通じて沢山のモーリスの品を紹介してきておりますが、
私個人としては「どうしてこのニットブランドのニットの良さがわからないのだろう、どうして同じお金を支払いながら他の中古品や商品を買うのだろう」と不思議に本当は思っているところです・・・。
私が自分で実際にイタリアショールームへ行ってオーダー・契約をして輸入を手掛けるほどのお品
(私事ですがこれには大変な肉体精神とも含めた労力とコストがかかります)、ブランドであり、
私の会員制のショップのお客様はこのモーリスのお品を相当買い集めてらっしゃいます。

良さが本当にわかる人なら、本当のお洒落な人なら「この値段でこの質!!!」と必ずファンになるはずです。
なので「わかってくださる方」にだけ買ってくれる方を歓迎いたします。

アンドレモーリスはニットをメインとした会社ですが、布帛品も扱っており、
今後出品しますが「ロロピアーナ素材」などを使った布帛のパンツや一般的アウターなども沢山展開しています。
そして基本「カシミヤ100」を売りとしたブランドです。


●イタリアのニットファクトリー、アルジス社が手掛けるブランド「AndreMaurice」。
ファクトリーブランドならではの「上質さ」と「シンプルさ」「編み地の良さ」格別です。
こちらは私が現地のショールーム・展示会にて実際にオーダーを個別につけてきているお品で正規輸入手続きを踏んでおります。
直接メーカーと取引をしています。
バイヤーは1点1点好きなデザインと沢山のカラー展開の中からそのセンスと好みで発注をします。なのでこちらは私が独自に自分の感性で選んだモデル・色であり、国内でも同じ品はあまりないと思います。

この秋冬コレクションからはは完全に「私の目ですべてのコレクションを見てそこから型と色をセレクト」して、
イタリアから届いた「完全な私のショップだけのオリジナル」も展開するようになりました。

他の店では売っていないものも多々あると思います
(日本からいくつか、あるいは幾人かのバイヤーがこの会社で発注していても、
そのオーナー・バイヤーによって、セレクトするもの・色が感性やお客様需要にて異なるからです)。

アルジスというニット会社はピエモンテ州のカシミヤ・リネン・シルク・コットンの高級素材のニットで有名な歴史あるブランド、
アンドレモーリスを擁する老舗メーカーです。
こういったイタリアのファクトリーはハイブランドのニットの下請け生産などをどこも行なっており
、こちらのアルジスも様々な世界のブランドの生産を行なっています。
通常このアルジスという会社で作ったお品によく知られたブランドのタグが付いて販売されるわけですが、
今回はそのアルジス社のオリジナルの「AndreMaurice」になります、
つまりハイブランドと同じレベルを保ちながら(あるいは同じ糸を使っていたりする)お手頃な価格で買えるお品なのです。

●私自身はAndreMauriceのファクトリーに足を実際に何度も運んでおりますし(直近では2022年2月18日)、
その生産工程やコレクション展開もオフィスもショールームもすべて見てきています。安心してお求めください。


●また最近ではごくごくたまに雑誌プレシャスにもたまにモーリスの商品は掲載されています。
私が現地のモーリス社から直接買い付けています。
ショールームへも通っている日本のバイヤーも今まずなかなかいないと思います。
なかなか手に入らない、とても丁寧な物づくりをする一押しのニットメーカーです。どなたにも必ずご満足いただけます。
意外にもイタリアのアパレルメーカーの方でさえも知らない人も多く、
つまりそれだけイタリアは「アパレルのメッカ」「星の数ほどのブランド、メーカーがある」ということを
目の当たりに知ることにもなりました。









★基本採寸方法・平置きにて★


【肩幅】肩と袖の縫い目~縫い目
【胸囲幅】脇下~脇下直線
【ラグラン袖の場合】裄丈と脇下~袖先を記載 
【ウエスト幅】ウエスト芯に沿って幅
【ヒップ幅】腰骨のあたりの幅(タックやフレアが入っていたりすると実寸値よりもゆとりになります)
【着丈】肩位置~裾までの直線
【太もも幅】股下から5~6㎝下の横幅直線
*その他質問があればご連絡ください

★受け取り連絡(システムからの)をきちんとして下さらない方とは今後はお取引はご遠慮したいと思います。
必ず落札されたら工程を守ってください。よろしくお願いします。

★私の独自の知識と感性で作り上げた文章をコピーして他で使用された方とも今後お取引はご遠慮いたします。
道徳をお守りください。(当方は正式な商標登録出願中です)


★当方の契約しているヤマト宅急便・または商品によってヤマトネコポスやDM便(厚みで変わります)
*宅急便を選択されるとき、必ず「ご自身の地域のものを正確に」選択下さい。
違う地域のものを選択されて料金が足りないと差額をお振込みをいただくことになり、
お互いに手間がかかって大変なので、何卒ご協力よろしくお願いします。

★  時間指定がある方は、最初の「お届け先確定」の時点で「取引メッセージ」欄からご連絡ください。
住所確定の時点でラベルを印字しますので、その後の対応は不可能なことがほとんどです。

★  複数落札(または落札予定)&同梱希望の方は必ず「すべてのオークション落札後に」
「おまとめ依頼」のシステムを使ってご連絡ください。

同梱できる、おまとめ出来るのは「最初の落札品から72時間以内のもの」となっています。
その際、最初の落札時点ですぐにお届け先の連絡や送料の選択をせず、
まずは「取引メッセージ欄」から「複数落札、同梱予定」の旨だけ連絡ください。
すぐに決済や手続きをされてしまうと、その後の同梱は出来なくなる可能性が高いです。
ヤフオクのガイドで「まとめ依頼」とかで検索していただければ、
システム説明が出てくると思いますので、ヤフオクに参加される以上、
ご自身でそのシステムをきちんと事前にお読みください

(当方にヤフオクのやり方の質問をなさらないでください)
ご自身でそのシステムをきちんと事前にお読みください




此類別中的熱門商品