"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地Yahoo! JAPAN拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

Yahoo! JAPAN拍賣 公認合作夥伴

透過Buyee的自助下標服務系統、以下Yahoo!日本拍賣的商品也能進行下標,請查閱!

這個拍賣經已完結。

<格安>激レアケストナー#192 可愛いオリジナルドレス 非常に状態の良いドールです! 6ボールボディ 人毛ウイッグ2点

商品説明

[ 翻譯 ]
<参考知識>
Keammer & Reinhardt ケマー&ラインハート 1886-1932
ここにK&Rの説明をするのは、場所と創業年が、このお人形の謎を解く鍵となって来るからです。
K&Rは,E.Kaemmer と H.Reinhardtが1886年に、ケストナーの町、ワルタースハウゼンに創立した会社です。 ワルタースハウゼンは現在でも人口13,000人足らずの町ですが、同市にはケストナー、K&Rの他に、若きH.Handwerck夫妻(1876-1932)、Bruno Schmidt(1900‐1945)等もドール会社を構えます。 K&Rは、最初は、ケストナーと関係を持ち、後にS&Hと関係を持つ様になり、ご存知の様に、S&Hで焼かれたK&Hのヘッドには、"Simon & Halbig"の刻印があります。 K&Rは、H.Handwerckが1902年に突然亡くなった時には、H.H.の息子が大きくなるまでの20年間会社の面倒を見ており、1920年にはS&Hを買収します。 K&Rは、キャラクタードールを始めた事でも有名です。
ケストナーの会社説明は下にあります。 

<出品ドール>
Kestner#192   約52㎝  1885‐1890   非常に珍しいモールドです!
#192はケストナーとケマー&ラインハートのモールド番号で、双方ケストナーの窯で焼かれたもので、全く同様の刻印で 双方レアドールで、高価なお人形です。 クローズドマウスでも製造されていますが、見つける事は、ほぼ不可能です。 
モールドは製造時期によって少し異なり、後期のK&R192には、はっきりK&Rの特徴であるふっくらほっぺになっていますが、初期の#192の見分けは困難です。   私の推測では、K&R#192は、K&Rが創業し始めた時に、同じ町のケストナーからヘッドを購入して販売したと言う事です。 
石膏のケストナーペイトが残っていればすぐにケストナーと分かりますが、ペイト無しでは、ボディに頼ることになります。 但し、1892年以前のケストナーボディにはケストナー特有の『Germany』と号数のスタンプが無いので厄介です。 双方の会社のボディは良く似ていますが、違いは『手の甲』と『肩のスリット』です。ケストナーは、スマートな手で、肩にスリットが無く、K&Rは肉付きの良い手で、肩にスリットがあります。 この子の手は、若干は肉付きが良いので、K&Rの様にも見えますが、K&Rの様に顕著ではないので、判断しがたく、肩に関しては、この様にボール入りでは、これまた、判断が付きません。 結局、どちらと思っても良いと言うのが私の判断で、#192は、最初はケストナーモールドで有ったのが、K&Rに移ったと言うのが私の推測です。
尚、『#192』には、ケストナーのキャラクタードールがあるので、これを "1910作のキャラクタードール" とする販売者もおりますが、 キャラクタードールとは、K&R が1905年頃から、本物の子供をモデルにして製造したもので、ドリーフェイスのお人形ではありません。 K&Rに続いて他社もキャラクタードールを製造しますが、そのほとんどがコレクターを対象としたドールで、製造数は少なく、質も高く非常に高価で、ケストナーのキャラクタードール#192は、数百万円もしま。 

ヘッド、ボデイともに汚れは全く無く、非常に状態の良いドールで、殆ど『遊んで無いドール』のカテゴリーに属します。
アンティークドールは、通常、『遊んだドール』と『遊んで無いドール』で区分けされます。 
遊んで無いドールとは、ボディがミントに近い状態のドールを指し、非常に高価に取引されます。

ヘッドマーク: 『 192  9』   

ヘッド: 損傷や汚れは全く無く、ヘッドの中も非常に綺麗です。
       額の上の方に若干スキンカラーの色抜けがありますが、このモールドの殆どにどこかに色抜けがあります。
     
ブラウンスリープアイ: オリジナルセッティングで開閉は全く問題ありません。 ワックスも完全にそのままついてます。

ボディ: オリジナルフィニッシュの 非常に良い状態の、美しいボディです。 初期のドールですのでボデイマークはありません。
       肩、肘、膝にボールの入った6ボールボディです。
   新しいゴムが入っております:ほぼミント状態のボディでしたが、ゴムを交換して頂いた時に、左上腕の関節の所が欠けて帰って来ました。
       同時代のジュモーボディはコーティングが剥がれ落ちてしまいますから、いかにドイツ(ケストナー)の技術が高かったかが伺われます。
   
1892年から商品の製造国の表示が義務となるので、それ以後のケストナーのボディやヘッドには『Germany』のマークが現れます。

ドレス: 非常に状態の良い可愛いオリジナルドレス、 ブラウスとチュールレースのエプロンの付いたジャンバースカートのアンサンブルです。
      スカートの胸の部分の裏が切り取られて、髪のリボンとして利用され、切り取られた部分には、新しい裏地が付いています。

ウイッグ: アンティークのブロンド人毛ウイッグ、 
       ドイツ製の人毛ウイッグ:ボリュームのある高級人毛ウイッグです

下着: アンティークのシュミーズとドロワーズ

靴:  ドレスにマッチした赤い色の、アンティークスタイルのビンテージです。

ソックス: ビンテージ

形の良いビンテージの麦わら帽子


送料:  6400 追跡は日本郵便となります。  リディア・ リヒターさん編集の大型ビスクドール写真集をお付けします。
こちらのスタンドはお付けできません;スタンドサイズにより余分な持ち合わせがある場合はサービスできますが、そうでない場合は出来ません。
 

ケストナー/Kestner  JDK 1820 - 1940頃 (玩具製造業)
ケストナー家は、代々、チューリンゲンの人口数千人の村、ワルタースハウゼンの旅館兼お肉屋さんでした(販売のみでなくソーセージ等の製造も)。 1787年生まれのJohann Daniel Kestner=JDKも家業を継いで肉屋になりましたが、彼は、その傍ら、ナポレオン軍に毛皮を売ったり、村の人にボタンなどの内職を提供したりして、小さな工場を買うほどのお金を貯め、1816年には倒産した工場を手に入れ、ボール紙製の黒板の製造を始めます。1820年からは、ネベルグ(100kmほど南)の知り合いから人形製造を教わり、パピエマッシュや木製の人形の製造を始めます。 人形以外にも、木製の動物、木製の玩具や人形用家具等も製造する様になり、1846には、子供を含めて、村の労働力の3分の1の1264人雇うようになります。(当時は、12歳位から働く子もおり、423人が14歳以下だったそうです。英国では5歳位の子も働かされました。) 後には、近辺の村の人も雇われます。
1858年に70才のJDKが亡くなると、孫のAdolf Kestner/アドルフケストナーが受け継ぎ、1860年頃に隣の人口5000人の町オアドルフOhrdrufの陶磁器会社を買収し、ビスクドールの製造を開始します。 と言うわけで、創始者のJDKはビスクドール製造以前に亡くなっております。 ケストナーはS&Hと同様、他社のヘッドも焼いていました。 
以後の成り行きは、現存するドールが物語っていますが、第一次大戦で経済制裁を受け輸出不可能となり、在庫のドールは破壊して捨てられ、第二次大戦前に2度目の経済制裁を受け、輸出不可能となり、事業は徐々に収縮、1940年頃、工場の閉鎖となりますが、最後の数年は従業人は数人だったとの事です。 殆どのドイツのドール会社は30年代に消え去ります(涙)。  
オアドルフはケストナーのキューピーの町で有名ですがJ.S.バッハが10才から15歳まで住んだ町と自慢もしています。

尚、ジュモーブックによると、ジュモー社は1874年の時点で150人雇っていたそうですから、1846年に既に1264人も雇い入れていたケストナーがいかに大きな会社であったかが分かります。工房ではありませんね!MOA(Max Oscar Arnold)やHertwig&coの工場も巨大で、千人以上雇っておりました。  フランスのドール製造業者はパリに集中しており、請負業者は、マレー地区に集中していました。 そして、ジュモー家以外は、ジュール シュタイナーの様に地方からパリに ”上京”して一旗揚げようとした若者達でした


此類別中的熱門商品