This auction has ended.

生田和孝 直径53cm 尺八寸 飴釉白流し鎬大鉢  河井寬次郎 民藝 民芸 清水俊彦

Item Explanation

[ Translate ]
生田和孝作 直径53cm 尺八寸
飴釉白流し鎬大鉢 

前所有者様が、生田氏の個展で買われたものとのことです。
今も出品を迷うほどの大作ですが、コレクション整理の為、出品いたします。

生田 和孝 (いくた かずたか)   昭和2年(1927年)~昭和57年(1982年)
陶芸家。鳥取県東伯郡中北条村(現・北栄町)生まれ。昭和22年(1947年)に鳥取県出身の堀尾幹雄から陶芸家・河井寬次郎を紹介され、
京都・藤平窯で河井武一に学んだ後、昭和26年(1951年)に寬次郎に弟子入りしました。昭和30年(1955年)に帰郷して吉田璋也に出会い、
その後丹波へ移り市野利雄の窯で丹波焼の技法を学び、昭和35年(1960年)に独立しました。釉薬は飴釉(あめゆう)、鉄釉に加え、父から籾殻灰を提供してもらい、
丹波では使われてこなかった糠釉(ぬかゆう)を用いました。鎬手(しのぎて)、面取を得意とし大胆で力強い作品を生み出しました。昭和50年(1975年)、
第三回日本陶芸展に「糠釉鎬手大鉢」を出品し文部大臣賞を受賞。55歳で逝去しました。生田門下として河本賢治、山下碩夫(みつお)、
山下清志という鳥取を代表する陶芸家たちを育てた功績は大きく、今なお郷里の人々に愛されている陶芸家です。

Popularity Ranking for this Category