"Buyee" 提供一站式最全面最專業現地日本Yahoo!拍賣代bid代拍代購服務
Buyee

Yahoo! JAPAN拍賣 公認合作夥伴

透過Buyee的自助下標服務系統、以下Yahoo!日本拍賣的商品也能進行下標,請查閱!

這個拍賣經已完結。

(椎)09430 野村得庵箱書 高麗青磁雲鶴紋梅瓶 2772g 野村財閥の創設者(本物保証+お任せ送料無料)

商品説明

[ 翻譯 ]





本物保証

C09430 野村得庵箱書 高麗青磁雲鶴紋梅瓶 2772g 野村財閥の創設者(本物保証+お任せ送料無料)
高さ:31.8~32.3センチ 最大径:19.4センチ 口径(内寸):2.3センチ 
状態:二重箱。
経年なりに大体良好。箱に虫食い少々。野村得庵について野村得庵明治11年(1878年)に大阪に生まれた野村徳七は27歳で家業である両替商を継ぎ、証券業を始めます。日露戦争時に財を成した後、野村銀行を設立、本格的に金融業に乗り出しました。またインドネシアやブラジルでの農場経営などの海外事業も展開、野村財閥という一大金融グループを築きあげました。帝国議会の貴族院議員としても活躍し、日仏文化協会設立に尽力した功績によりフランス政府よりレジオンドヌール勲章を授与されています。このように精力的に事業を展開する一方、得庵と号して、茶の湯や能楽に傾倒し、近代数寄者としても名をはせました。野村財閥の創設者。大阪の小両替商、初代野村徳七(1850―1907)の長男に生まれる。幼名は信之助。市立大阪商業学校(現大阪市立大学)の予科を中退。1904年(明治37)に野村徳七商店を父から受け継いで証券業を開始し、日露戦争後の熱狂相場で巨利を得る。1907年、2代目徳七を襲名、1917年(大正6)に株式会社野村商店に改組した。1918年には大阪野村銀行(のちの大和(だいわ)銀行、現りそな銀行)、1925年に野村証券、1933年(昭和8)に野村信託、1934年に野村生命を発足させ、1922年に設立した野村合名を司令部として、金融財閥を目ざした。他方で、ボルネオに農場とゴム精製工場、スマトラにヤシ園とコーヒー農園、ブラジルにコーヒー農園を経営し、野村東印度(インド)殖産株式会社を設立した。大正末期から総合財閥化を目ざし、山林土地、製靴、鉱業、航空機、製鋼、ゴムなどに手を広げたが、十分な展開をみないうちに敗戦を迎え、野村合名は解体された。徳七は茶人(号は得庵)と能役者としても高名で、京都の碧雲(へきうん)荘という別荘は有名である。また、京都市左京区に徳七が収集した茶の湯、能関係の美術品を一般公開している野村美術館がある。1928年から第二次世界大戦敗戦まで貴族院議員を務めた。

◆注意事項◆

取り置きは行っていません。
送料は各運送会社規定によりますが、一任頂ければ無料。※記録&保証付き
かんたん 決済はジャンル商品によって出来ません。
壊れやすい物、大きい物など梱包に依ってはお時間いただきます。
此類別中的熱門商品