This auction has ended.

★25年メルセデスベンツ CLS350シューティングブレーク AMGスポーツPKG 車検付き 美車★

Item Explanation

[ Translate ]
自動車基本情報
メーカー名
メルセデス・ベンツ車種名
CLSシューティングブレークAMGスポーツPKG
グレード名AMGスポーツPKG排気量3,497cc
年式平成25年 (2013年)9月輸入車モデル年式-
走行距離104,700 km走行距離の状態実走行
クロ系色の名称オブシディアンブラック
車検有効期限令和6年9月までミッションオートマチック(AT)
ボディタイプ
ステーションワゴン型式RBA-218959

自動車詳細情報
ドア数
5ドア乗車定員数
5人乗り
駆動方式2WD燃料ガソリン車
点検記録簿あり修復歴なし
車台番号(下3けた)992リサイクル預託金21,890円
輸入経路ディーラー車ハンドル
車歴自家用所有者歴複数オーナー
引き渡し条件現状引き渡し  

装備(オプションなど)情報
エアコン
スマートキー
サンルーフ
ローダウン
パワステCD本革シート禁煙車
パワーウィンドウMD純正エアロパーツペット同乗歴なし
集中ドアロックDVDビデオ純正アルミホイール限定車
ABSテレビ横滑り防止装置試乗、現車確認可能
エアバッグナビゲーショントラクションコントロール取扱説明書
ETCバックカメラ寒冷地仕様車新車時保証書
キーレスエントリー電動スライドドア福祉車両スペアタイヤ

コメント

メルセデスベンツ CLSシューティングブレーク AMGスポーツPKG
グレード名 メルセデスベンツ CLSシューティングブレーク AMGスポーツPKG
年式 平成25年9月
走行距離 104700キロ
次回車検 令和6年9月21日
商品説明
ご覧いただきありがとうございます。

商品説明
メルセデスベンツ CLS350 シューティングブレーク AMGスポーツPKG
正規ディーラー車
右ハンドル
25年 9月登録になります。
車検令和6年9月21日迄 

V6 3500cc ブルーダイレクトエンジン 306ps 37.3kg 

■AMGスポーツパッケージ
■シューティングブレーク
■ブラックレザー
■20インチアルミホイール
■タイヤ前後約8部山
■ディスロニックプラス
■ムーンルーフ
■ブレーキアシストプラス&PRE-SAFEブレーキ
■AiRマティックサスペンション
■アクティブレーンキーピングアシスト
■キーレスゴー
■AMGスポーツステアリング
■TVキャンセラー付
■タイヤ空気圧警告システム
■LEDインテリジェントヘッドライト
■LEDドアミラーウィンカー
■LEDテールランプ
■純正ディライト
■本革&ウォールナットウッドステアリング
■前席パワーシート
■全席シートヒーター
■アダクティブクルーズコントロール
■harman/kardonサラウンドオーディオシステム
■アイドリングストップ
■ブラックアッシュウッドインテリアトリム
■スマートキー&プッシュスタート
■パワーオートトランク
■純正HDDナビ(地デジ付き)
■純正バックカメラ
■パークトロニックセンサー
■ETC


新車価格約1050万円と大変豪華なお車です。
外装色は非常に上品なオブシディアンブラックです。磨き込んでいますので、とても美しい深みのある艶が出ています。

足周りには20インチAWを装備しており、外装のインパクト迫力あります。タイヤは約前8部山、後ろ約8部山前後あります。

V6 3.5 エンジンは、とてもスムーズです。
パワーとトルクがあるので、ドライビングに余裕が生まれます

20インチアルミホイール、
ブラックアッシュウッドインテリアトリム、本革巻きウッドステアリング

付いていますので、大変スポーティな雰囲気を醸し出しています。

便利な純正HDDナビに地デジも装備!車両前後にはパークトロニックセンサー装備しバックカメラもついております。

夜が似合うワゴンすっかり日が落ちた試乗会場に、ポーンとライトアップされたこのクルマを見た印象は「ワゴンのくせにやたらと夜がよく似合うなぁ」というものだった。
“シューティングブレーク”のコンセプトを今更くどくどと説明することもないだろうが、それはあくまで貴族や富裕層が狩猟に用いるという、昼のお楽しみのためにしつらえられたものだった。のみならず、世のワゴンといわれるクルマが楽しげにドライブされる情景を思い浮かべてみても、それは大抵が日中の自然の中の景色と重なる。だが、このクルマは別なのだ。機能よりも純粋に形状を愛(め)でたくなる。日が落ちてからの、微妙な光の映り込みや回り込みは、そのなまめかしいお尻をグンと際立ててくれるというわけだ。
「CLSシューティングブレーク」のリアデザインは、ベースとなった「CLSクーペ」(メルセデス・ベンツ的に言えば、このクルマはクーペという扱いになるそう)の薄さや丸さをいかにワゴンボディーでも生かしきるかということに腐心したようだ。
同社のチーフデザイナー、ゴードン・ワグナー氏は、このクルマのリア周りを指して「100%、デザイン優先で作り上げた。機能は後からついてきたものだ」と仰す。そこまで言い切るメルセデス、今まであっただろうか。安パイなブランドイメージとは対局なその言葉の裏には、彼らにとってCLSシリーズがいかにビジュアル的に特別なものであり、先代からの人気に自信を深めているかが読み取れる。

CLSシューティングブレークのディメンションはホイールベースも含めてCLSクーペのそれとほぼ同一だ。ボディーサイズも全長がわずか5?20mmの延長にとどまっている。取り回しそのものに関しては従来と変わりはない。
リアエンドに向けてスッと流れ落ちるようなグリーンハウスのデザインは車両を上下に薄くみせることに貢献している反面、後方の見切りには悪影響を及ぼした感は否めない。無論、それらをフォローするパークトロニックやリアカメラは標準装備となる。

バランスのいいラインナップサスペンションはリアを含めて形式自体はクーペのそれを踏襲するものの、内容は微妙に異なっている。クーペの基準仕様ではフロントが3リンクストラット、リアがマルチリンクなのに対して、シューティングブレークはリアが同じマルチリンクながらオートレベライザー機能付きのエアサスへと変更された。これはワゴンであるがゆえの荷重変化を想定してのものだろう。そこにオプションのAMGスポーツパッケージを加えると、19インチタイヤと共に車高調整機能を備えた各輪独立可変制御の4輪エアマチックがあてがわれることになるわけだ。
ちなみにこれは「350」系においての話で、「550」系(本国ドイツでは「CLS500」と呼ばれる)ではエアマチックが標準装備。そして「CLS63 AMG」はクーペと同様、フロントがコイル、リアがエアというセットアップになる。
日本に導入されるCLSシューティングブレークのバリエーションは、すべてガソリンで、3.5リッターV6の「CLS350ブルーエフィシェンシー」、4.6リッターV8ツインターボの「CLS550 4MATICブルーエフィシェンシー」、そして5.5リッターV8ツインターボの「CLS63 AMG」という構成だ。
パワートレインのスペックはクーペと同一だが、ドライブトレインに関しては550が4MATIC(4WD)のみの設定となる。AMGほどのパフォーマンスは必要ないというラグジュアリーマーケットにおいて、SUVの代替的なポジションとしても考えてもらえる、この判断はそんな商品性を狙ってのことだろう。
一方で350は6.7秒の0-100km/h加速や250km/hリミッター作動の最高速など、十分以上の動力性能を167g/km(欧州測定値)のCO2排出量と両立させるというスマートな選択だ。無論63 AMGの速さは言うに及ばずで、500psオーバーのスポーツワゴンというまれなキャラクターが市場においては新鮮に受け止められる。

車格に見合わぬ軽やかさCLSシューティングブレークのハイライトともいえる荷室は、容量が通常時590リッター、後席を倒せば最大1550リッターまで拡大できる。加えてフロアボード下には大容量のシークレットスペースも確保されている。「Eクラスステーションワゴン」に比べれば最大時の容量こそ見劣りはあれど、通常時のそれは60リッターくらいの差しかない。かたや真剣に積むことを考えた仕立てであることを思えば、CLSシューティングブレークの実用性は見た目の印象以上に高いという見方もできるだろう。
ちなみにフロアボードはオプションでチェリーウッドのフローリングにバージョンアップさせることも可能。オーク材を象眼仕立てでストライプとして挟み込んだ凝った作りのそれは、防水性にも配慮されたもので、機能よりも優美さを価値とするシューティングブレークのコンセプトをより際立たせる。
ワゴン化で心配されるのは、開口部拡大によるボディー剛性や音・振動の変化といった方面の悪影響だが、CLSシューティングブレークの場合、総じて快適性はクーペと比べてほぼ遜色のないところが保たれていた。特にロードノイズが荷室側から拡大されてキャビン内を巡る、ワゴンボディーにありがちな現象がしっかり抑えられていたのが印象的だ。
4人乗りの「CLS」に対して5人乗りとなる「CLSシューティングブレーク」。リアシートは3人掛けとなっている。60:40分割可倒式で、荷室側からでも操作が可能だ。 拡大
荷室容量は5人乗車時で590リッターを確保し、後席を倒すことで最大で1550リッターまで拡大できる。写真はオプションの「designoウッドフロア」(50万円)装着車。 拡大
ボディーカラーは2色のオプションカラーを含め、全11色が用意される。 拡大
CLSクーペはプラットフォームのベースである「Eクラス」に対し、ジオメトリー変更などでロールセンターを高めつつ、アーム類のアルミ化などでバネ下重量を軽減するなど、敏しょう性を高めるチューニングが随所に施されている。つまり純然たるセダンともクーペとも違う、程よい鷹揚(おうよう)さとスポーティーさの両立が走りのウリになっているわけだが、その点はCLSシューティングブレークにも濁りなく受け継がれていた。
ドアパネルを全てアルミ化するなど軽量化が徹底されていることもあって、振る舞いには車格に見合わぬ軽やかさや爽やかさがある。その美点をさらに際立たせているのが、鼻先の軽いV6の350だ。数字から一目瞭然というわかりやすい最高級を求めなければ、多くの人にとってのベストバイは動力性能も十分なこのグレードとなるだろう。
対して63 AMGは、完全にスーパースポーツの領域に達した“ばか力”をワゴンボディーに組み合わせるという痛快感がなによりの魅力。とはいえ走りのバランスは決して不安定ではなく、普段乗りでも十分な快適性をもたらしてくれるあたりはAMGのチューニングの妙だ。その間に位置する550は全域でゆとりある動力性能と4MATICとの組み合わせで、ロングツーリングも悠々とこなす度量の深さがウリということになるだろうか。
いずれにせよ、普通のワゴンとは一線を画するラグジュアリースポーツとしてみれば、このラインナップはうまくバランスが取れている。そう、普通のセダンやワゴンでは物足りないけれど、SUVほどの威圧感は必要としない。CLSシューティングブレークのポジションは、全てを網羅しているようにみえる現在のラグジュアリーマーケットで、スポッと欠けていたピースを埋める役割を果たすのかもしれない。
(文=渡辺敏史/写真=メルセデス・ベンツ日本)



一層洗練されたデザインと素晴らしい車となっております。
AMGスポーツパッケージ付ですので、大変センスの良い一台です。
ラグジェリー感、気品共に最高級車です。
20インチAWとてもマッチングしており、エレガントなボディラインが大変美しい車と思います。

低燃費と、
抜群の走行性能と快適性、質感の高いインテリアを持ち、
非常にセンス良く、圧倒的な存在感のあるお車に仕上げられております。

内装もルームクリーニング済みです。大変きれいなお車です。
軽めの体重の方が乗っておられたと思います。
へたり等ありません。

機関系異常ありません。オイル漏れありません。

外装も大変良い状態です。
大きな傷やへこみ等ありません。
小傷、ありますが目立ちません。
フロント飛び石傷はあります。
タッチペン後あります。
勿論不具合ありません。
凄くしっかりしています。
お勧め車になります。
安心してお乗り頂けます。


見て頂けましたら、必ず気に入って頂ける、
大変きれいなお車ですので、自信あります。是非現車確認してください。
大変綺麗な問題ない車輛ですが、あくまで中古車です。
新車のクオリティを求める方や神経質過ぎる方の入札はご遠慮下さい。

車検が2024年9月迄ついておりますので落札されましたら、
なにも手を加えることなく快調に乗って頂ける非常に程度の良いお車です。

訳あり車ではありません。当然の如く車輛と書類は手元にあります。
即決で決まることが多いですので、ご興味のある方はお早めに連絡下さい。
オークション早期終了する場合があります。
ご了承下さい。

整備記録簿、新車時保証書、車輛取説 スペアキー あります。
やはり高級車ですので、素性が、はっきりした実走行のお車お勧めいたします。
特に隠し事や嘘はありませんので、ご安心して入札下さい。
ノークレーム、ノーリターンでお願いします。
最近悪戯入札が多くて困ってます。
大変迷惑しますので、悪戯入札はおやめください。
安心して乗っていただけると思います。荒く乗られた形跡ありません。
実走行&修復歴無しです。

大切に乗っていただける方にお譲りしたいと思います。
ご興味ある方は、一度お気軽に現車確認してみてください。
印象としましては、凄く調子の良いお車です。
快適にとてもスムーズに走ります。
当たり前ですが、とても速く、良く曲がり、良く止まります。

時々乗りますので、距離は若干増えます。
ご了承下さい。

下取り車可能です。詳しい車輛情報と画像を下記迄メールしてください。
aqu@voice.ocn.ne.jp



■メルセデス・ベンツ CLS350 シューティングブレーク 主要諸元
●全長×全幅×全高:4970×1880×1420mm
●ホイールベース:2875mm
●車両重量:1870kg
●エンジン種類:V型6気筒DOHC
●排気量:3497cc
●最高出力:306ps(225kW)/6500rpm
●最大トルク:37.7kg・m(370N・m)/3500~5250rpm
●トランスミッション:7速AT
●駆動方式:FR
●10・15モード燃費:12.4km/L
●当時の車両価格(税込):1050万円
★ お取引について ★
ご落札後、24時間以内に連絡の取れる方。5日以内に現金にてお取引お願い致します。
リサイクル料は別途清算お願い致します。【21.890円】
自動車税は月割り【29.000円】別途精算お願い致します。

名義変更は落札後、15日以内にお願い致します。
名義変更迄の間、5万円お預かりします。
名義変更完了の車検証確認後、返金します。
キャンセルの場合は10万円申し受けます。
全国陸送も可能ですので市区町村をお知らせ下さい。(別途費用)
現車受け渡し後、ノークレーム、ノーリターンと致します。
上記ご注意の上、ご入札よろしくお願い致します。
お支払い方法
・Yahoo!かんたん決済(詳細
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・現金引き渡し


Popularity Ranking for this Category